テイチク ポータブル蓄音機T-23 1940年代 

テイチクの
ポータブル蓄音機
T-23です。

蓄音機としては末期のもので、
もうまもなく電蓄の時代に入ります。
それだけに、完成度の高い蓄音機で、
回転安定性、静寂性、操作性など、
高級機種を思わせるほど優れています。
堅牢な作りで、
戦地で兵士たちの慰問に
使われていたのかも知れません。 
物の無い時代だけに、
質素で飾り気は全くありませんが、
丁寧に手作りされていて、
どこか温かさを感じます。

1960年代の同じテイチクの
ポータブル電蓄を持っていますが、
シンプルでセンスの良いデザインが
見事で、こちらも大変機能的に
優れています。

こうした、国産の蓄音機や電蓄の
『良い仕事』を見る時、
物作り日本の底力、
高度成長時代幕開けの気配を感じます。

テイチクレコードから、
田端義夫ヒット曲を、
活動弁士で有名な泉詩郎が
流ちょうに紹介する、
三曲ダイジェストで入っている
珍しいSP盤
『大利根夜霧・涙の夜曲・花うた月夜』、
ペギー葉山が歌う、パナマウント映画
「シェーン」の主題歌『青き瞳』を
鑑賞しました。


[広告 ] VPS


繝・う繝√け闢・浹讖・011_convert_20100722145542[1]
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

木曜日はたいへんお世話になりました。全部やらせてしまってすみませんでした。

○筑○報で知り、さっそく遊びにきました。蓄音機となるとまったくわからない世代です。ラジカセならなんとか?ジャンク再生とのことでレストアできた時の感動は言葉にならないぐらいの衝撃でしょう。私もなんかむずむずしてきましたよ(笑)
ビートルズの青盤が懐かしいですね。「サージャント・ペパーズ~」あたりのレコードなら今でも入手できるかな。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク