ビクター レコードプレーヤーRP-301 1950年代

ビクターの
レコードプレーヤー
RP-301です。

回転数がSP盤の78回転に
固定されています。
使用モーターの型から、
LPやEPレコードがすでに世に
出回っていた時代の機種と思われます。
つまり、
あえてSP盤専用にしたようです。
可能な限りコンパクトに設計しており、
驚くほど軽量です。
当然、SP盤を乗せると
大きくはみ出します。
小型のラジオのフォノ端子と接続し、
そのラジオの上に乗せて使用できます。

木の温かさを生かしたデザインで、
心和みます。
同じ時代の木製キャビネットの
ラジオとお似合いで、
インテリアとして
眺めて楽しむこともできる、
可愛いプレーヤーです。
古いジャズを聴きたくなります。

グレン・ミラー楽団で
『幸福になりたいね』を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


P1090146_convert_20100620132013[1]
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わたしは、ビクタープレーヤーのRP-301のジャンク品を、なんとか回せる状態にしましたが、何分レコード針がありません。
使用できるレコード針を、教えていただけませんか。
SP・EPのレコードは、蓄音機やデノンプレーヤーできいていますが、
できれば、RP-301でレコードを回し、RCAのスピーカーを鳴らしてみたいと思います。よろしくお願いします。

 RP-301の件

キヨシ様
『浪漫紀行』の管理人、碓井と申します。
コメントありがとうございます。
RP-301の針は、通常の蓄音機用の鉄針です。
ネットオークションなどで手に入ります。
この時代のピックアップは、正常に作動しないものが
ほとんどです。針を付けてレコードを再生し、もし正常な音が
出ていない場合や全く反応していない場合は、思いきって
ピックアップをすっかり外し、70年代位の子ども用のプレーヤー
から外したピックアップと交換することをお勧めします。
子ども用のプレーヤーのピックアップは小振りで、
RP-301のトーンアームの中に十分収まります。
固定は油粘土を使い、同時に重さの調整も行います。
邪道ですが、これでも十分当時の雰囲気を楽しめます。
是非、お試しを。

碓井さん、ありがとうございます。

Victor・RP-301の音だしの件です。
針は、蓄音機様の鉄針を取り付けました。
スピーカーは、パソコン用に、左・右のスピーカーが鳴るよう配線しました。(60cm離して置きました)
レコードは、季節がら、市丸さんの【春雨】(Victor・SP)にしました。(キズは少しあります)
針をのせ、ボリュームを回すと、・・・・・。
??ステレオ??で、市丸姉さんが唄っております。(蓄音機で聞くのと、また違うレトロ感です。)
ありがとうございます。
次は、並四ラヂオの上に載せて鳴るようにします。
レトロ機器が好きですので、これからもよろしくお願いします。

ビクタープレーヤーのRP-301

はじめまして。
ビクタープレーヤーのRP-301について質問させて下さい。
SP版レコードを視聴したくビクタープレーヤーRP-301の可動品を購入したのですが、まったく知識がなく購入してしまい、ネットで調べても詳しい事が分からず…。
このプレヤーはどのようなコードで繋げば音が楽しめるのでしょうか?古い物なので特殊なコードじゃないと鳴らないのかわかりません。
後フォノ端子がないステレオじゃないと音は楽しめないのでしょうか?
鉄針の変え方についてもなのですが、交換はどのようにすればよいか教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

Re: ビクタープレーヤーのRP-301

なかがわ様

ブログにアクセスしていただき
ありがとうございます。

随分前にアップした記事で、
この機器も物置の奥の方にしまい込み、
明確な回答ができません。

可能な限りお答えします。
本体からピンプラグのコードが
出ていると思います。
それがピックアップからの出力です。
投稿動画ではフォノ入力端子の付いた
ラジオと接続していますが、
もちろんステレオアンプの片チャンネルに
つないでもOKです。(ただしフォノ入力)

増幅できるアンプが入っていれば、
ラジカセのマイク入力でも、
ギターアンプの入力でも、
接続して鳴らせます。(入力プラグの変換必要)

手っ取り早く聴きたければ、
100均のテレビ音声増幅用の
小さなアンプの入力プラグと、
プレーヤーのピンジャックを
ワニぐちクリップなどでつなぐことでも
可能です。

鉄針は、ピックアップの先のネジを緩め、
穴に挿入してから、
再びネジを締めて固定します。
ピックアップに緑青(錆)が見えている場合、
多くは不良で出力していません。
ピックアップの交換が必要です。
ネジも錆で固まっていることがあります。
一見綺麗でも、
このタイプは経年劣化による不良が
多いと思います。

投稿動画の機器も、
ピックアップは70年代の作動品に
交換しています。
また、結構断線がありますから、
ピックアップの+-の端子と、
出力のピンプラグの+-の通電チェックも
お忘れなく。

RP-301はなかなかレトロでいい雰囲気です。
もし想像していたように作動しなくても、
かざって眺めて楽しんでいただければ
よろしいかと思います。

コメントありがとうございました。




ビクタープレーヤーのRP-301件

ビクタープレーヤーのRP-301の件、色々と教えていただきありがとうございます。
頑張ってみます。
ちなみに断線という物はなおせるものなのでしょうか?

Re: ビクタープレーヤーのRP-301件

中川様
こんばんは。

通電チェックして接続コードが怪しい場合、
多いのはアンプとつながるピンプラグ周辺です。
ピンプラグのみの交換は手間なので、
使っていないオーディオケーブルと
元から交換すれば確実です。
ハンダ付けが面倒なら、
それぞれのコードの途中を切断し、
導線同士つなげてから
ビニールテープで絶縁しても大丈夫です。

工夫してやってみてください。


ビクタープレーヤーのRP-301の件

度々ありがとうございます。

ビクター レコードプレーヤーRP-301の件

度々申し訳ありません。
ピックアップの出力コードが欠品している場合、赤と黒のピンジャックに合う代用できるコードはご存知でしょう?

Re: ビクター レコードプレーヤーRP-301の件

> 度々申し訳ありません。
> ピックアップの出力コードが欠品している場合、赤と黒のピンジャックに合う代用できるコードはご存知でしょう?

















中川様

トーンアームに収まる比較的細目の導線なら、
少し大きなホームセンターにも売っています。
スピーカーケーブルの一番細いものなら、
赤黒の色分けしており分かりやすいと思います。
メーター売りしています。

ピックアップには直接ハンダ付けするか、
薄い銅板を買ってきて、
ラジオペンチで小さな円筒形を作り、
そこにハンダ付けしてから、
ピックアップに接続します。
薄い銅板は大きいものしか
売っていないかも知れませんが、
一生分使えます(笑)。

手間とコストがかかり始めます。
ピックアップの状態が悪いと、
うまく接続しても
ノイズしか出ません。
それでも試してみたい場合のみ、
自己責任で行ってください。



ビクター レコードプレーヤーRP-301

何度も申し訳ありません。
試してみます。
ありがとうございます。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク