コロムビア ステレオレコードプレーヤー グラフォノーラ 1960年代

コロムビアの
ステレオレコードプレーヤー
グラフォノーラです。

本体を取り囲む装飾がとても上品で、
おそらく同じ装飾を施した
ラジオ付きアンプ内蔵スピーカーの
上に置いて使用するタイプだと
思われます。

年代の割にとても状態が良く、
大切に扱われてきたことが分かります。
回転も安定しており、
ピックアップも正常に作動します。

内部も丁寧に配線されていて、
品質の良さを感じます。
塗装も鏡面仕上げで美しく、
コロムビアのゴールドの
文字プレートも格調高く、
かなり高級機種だったことが
うかがえます。

凛とした気品のようなものを感じる
逸品です。

鶴田浩二の『同期の桜』と
菊池章子の『岸壁の母』
を鑑賞しました。

この日本も、
決して遠い昔ではない過去に、
確かに戦争をしていたという事実を
忘れないためにも、
時々聴きたい二曲です。

聴く度に胸打たれます。


[広告 ] VPS


P1070924_convert_20100604211222[1]


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク