ビクター 3スピードレコードプレーヤー 1950年代

ビクターの
3スピードレコードプレーヤー
RPー31です。

手動ですが、
フロントローディングタイプで、
ターンテーブルを引き出し
レコードをセッティングし、
再生状態で再び収納可能です。

丈夫な天板には、
フォノ入力端子のあるラジオを
乗せることができます。
ラジオ用の電源コンセントも
後ろに付いています。
ためしに同時代のビクターの
真空管ラジオを乗せ、
レコード再生してみました。
1950年代の、
いい雰囲気が楽しめます。

全体にすれや傷が目立ちますが、
ピックアップやモーターなど
全てオリジナルで、操作性も良好です。

この時代のビクター製品は
丁寧に手作りされていて、
60年の時の流れを感じさせません。
まだまだ元気一杯です。

パット・ブーンの
1957年のミリオン・セラー、
『砂に書いたラブレター』と
『四月の恋』、
そして石原裕次郎の
1965年のヒット曲、
『二人の世界』を鑑賞しました。

『二人の世界』の作曲は鶴岡雅義で、
ギター演奏もしています。


[広告 ] VPS


P1070838_convert_20100523155549[1]


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク