グラモフォン ラッパ型蓄音機 1930年代

グラモフォンの
ラッパ型蓄音機です。

大変存在感のある
堂々とした蓄音機です。

ゼンマイの調子が悪く、
ずっとディスプレイ用としていましたが、
ゼンマイのクランクや速度調整装置の
位置が近似している、
1930年代のアメリカ製の
ポータブル蓄音機のゼンマイモーターを
入手しました。

数年来の念願の修理ができ、
当時の音の再現ができました。
もももとのサウンドボックスの
性能が良いので、
実に生き生きした
元気一杯の音を聴かせてくれました。

手を加えれば、
もはやオリジナルではありませんが、
博物館ではありませんので、
「この音を聴きたい」と思ったら
積極的にトライしています。

やはり大きなラッパから開放された音の
迫力は爽快そのもので、
私には、
「もう一度大きな声で歌いたかった」
と喜んでいるように聴こえました。

80年も前の蓄音機から
パワーを貰ったひと時でした。

ドリス・デイの
『ムーンライト・ベイ』と
『あなたの素振り』を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


PICT7946_convert_20100505153429[1]

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク