FC2ブログ

HMV ポータブル蓄音機 モデル102 1930年代

HMVの
ポータブル蓄音機
モデル102です。

bWLDOF4CojEKQpL1593508544_1593508549[1]
ETpzew2Ki88FxFz1593508307_1593508318[1]
rcdcjGOIL3nr8Yo1593508518_1593508523[1]
HMV MODEL 102

gnosEmS4pOSfrej1593508448_1593508469[1]
APaSoDgiHBazSnf1593508404_1593508412[1]
ポータブル蓄音機は
サウンドボックスが命です。
ボディサイズからは
想像もできないような
パワフルでクリアーなサウンドを
聴かせてくれます。
ゼンマイモーターの巻き上げは
軽やかで、回転安定性も抜群です。
蓄音機の完成形と言えます。

ドリス・デイの
『ケ・セラ・セラ』(1956年)を
鑑賞しました。

ほがらかに歌うドリス・デイが
見えてきそうな再現性です。
電気を全く使っていないことに
改めて感動します。




l_7ug_PLNvsbAIx1456652881_1456652891[1]
ドリス・デイのSP盤
『ケ・セラ・セラ』
(映画「知りすぎていた男」の主題歌)

h3XloNUURZwIGXu1593508356_1593508362[1]
HMV ポータブル蓄音機 モデル102

ちなみに、
同じ曲をビクトローラⅥと
ビクターⅢでも再生しています。
サウンドボックスは共に
ビクター・エキシビション。
こちらもさすがです。


[広告 ] VPS


Knx6ok4LxsyUx7u1456652205_1456652217[1]
ビクトローラⅥ (1911年頃)

DJ5qJiWrRmEUf_M1456652605_1456652625[1]
ビクターⅢ (1904年頃)

Q9Xn_TEKNLXK3JE1456652930_1456652942[1]
ラッパ型蓄音機ビクターⅢ(上)と
ホーン内蔵型蓄音機
ビクター・ビクトローラⅧ(左)とⅥ(右)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク