FC2ブログ

ナショナル ポータブル・フォノグラフ SF-338 1970年代

ナショナルの
ポータブル・フォノグラフ
SF-338です。

iIkqRQ9Wh8bL9m11583819261_1583819267[1]
D6a4fPKW0w6fsoT1583819335_1583819342[1]
rYLE6QMwSzSABU81583819310_1583819316[1]
National IC PORTABLE PHONOGRAPH
SF-338

ieUXyjkDZ1hriQH1522922993_1522923004[1]
モノラルの
生き生きしたサウンドです。

NzWc5DDMntdUhuJ1583819206_1583819214[1]
回転の安定した
シンプルなポータブルプレーヤーは、
カジュアルなレコード鑑賞を
満喫させてくれます。
とくに歌謡曲やフォークを聴く時は、
むしろ本格的なステレオより
ダイレクトに耳に(心に)入ってきます。

7duSJQsCXOdSiRm1583819360_1583819367[1]
南沙織のアルバム
「夏の感情」(1974年)より、
『夏色のおもいで』
『ひとりぼっちの部屋』を鑑賞しました。

レコードを聴いている間だけ
あの頃にタイムスリップしています(笑)。




オマケは、
弘田三枝子のベストアルバムより
『私が死んだら』(1969年)
『人形の家』(1969年)です。

この歌唱力はちょっと別格です。




K0ayYplHMUAY1wf1530872584_1530872602[1]
1jZaAIuIffe3gon1583819174_1583819180[1]
ナショナル ポータブル・フォノグラフ
SF-338
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク