ニッポノホン ホーン内蔵型蓄音機 ニッポノーラ 1910年代

ニッポノホンの
ホーン内蔵型蓄音機
ニッポノーラです。

100年の時間の流れを感じさせる、
堂々とした風格です。

ターンテーブルがあまりに
ボロボロだったので、
オリジナルよりやや大きめの
電蓄のものに交換しています。

少し回転が不安定ですが、
大きなボディから流れてくる音質は、
音域が広くマイルドで、
ポータブルの蓄音機や
ラッパ型の蓄音機とは
明らかに異なっています。

ニッポノーラが発売された
1911年は明治の終わり頃、
日本でも自動車が走り始め、
プロペラ飛行機が飛行実験を
していた時代です。
そしてまもなく大正時代に入り、
第一次大戦に参戦となります。

そんな時代を
静かに見つめてきた蓄音機は、
まさに100年のタイムカプセル
のようです。

蓄音機が発した音ですから、
100年前と同じ音を
聴いていることになります。
これが蓄音機の醍醐味です。

ドリス・デイと
ポール・ウェストンで
『また逢う日まで』を
鑑賞しました。


[広告 ] VPS


P1070159_convert_20100311205043[1]



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク