コロムビア ラジオフォノグラフ 1970年代

コロムビアの
ラジオフォノグラフ
モデル248です。

ほぼA4サイズで、
コンパクトなラジカセの
ようにも見えます。
シンプルなデザインですが、
黒と茶の色使いが
とても上品です。

蓋をして立てた状態で、
高感度ラジオとして
楽しむこともできます。

トーンアームは
とてもスリムで軽量です。
これならレコードを傷つけません。
乾電池でも使用可能です。

複雑な機能は付いていませんので、
年輩の人でも簡単に使用できます。
場所を選ばず、人を選ばず、
きっと重宝したのではないでしょうか。

パソコンの横に置いてみました。
なかなかいい感じで、
全く古さを感じません。
ハイセンスな物は
時代を超越してしまうようです。

グループサウンズや
フォーク全盛期の名曲、
北山修作詞、はしだのりひこ作曲、
シューベルツの『風』を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


P1070154_convert_20100307125431[1]

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク