ソニー マルチ・ディスク・プレーヤー MDP-K3 1991年製

ソニーの
マルチ・ディスク・プレーヤー
MDP-K3です。

oRrlwzdn_b0pPOt1501788426_1501788452[1]
9fEVS1883eATeWy1501788830_1501788861[1]
q_6GtJTYcJFcooU1501788531_1501788556[1]
SONY Multi Disc Player MDP-K3

1991年の
グッドデザイン賞を受賞しています。

QlhmY7QAPKYLvdH1501788731_1501788759[1]
レーザーカラオケに対応し、
2本のマイク入力や、
音(キー)の上げ下げ、エコー機能も
付いています。
ちょっと歌いたくなりました(笑)。

nfFY3LpIj5BAnDn1501788633_1501788662[1]
マルチ・ディスク・プレーヤーと言っても、
CDとCDビデオ(忘れられた規格)と
LDの時代です。

Xtvf8HclvfHhgEf1501789414_1501789436[1]
ジャケットを眺めて楽しむのが好きで、
今でもLDを集めています。

今や、ソフトだけでなく
大量のハード(LDプレーヤー)も、
リサイクルショップのジャンクコーナーで
埃をかぶっています。
私には宝の山に見えますが…(笑)。

n8uVpmADDLCsvZv1501789567_1501789591[1]
不動のジャンクLDプレーヤーの多くは、
ディスクを乗せるテーブルを
フロントローディングさせるための
駆動ゴムベルトが劣化しています。
さらに機械部のグリスが硬化していると、
開閉扉を固く閉ざした
単なるブラックボックスとなります(笑)。
本機種もカラオケのLDが入ったままでした。

h6fcDDxWSsy0cYC1501789484_1501789505[1]
ゴムベルト1本で、
元気によみがえります。
スペアのLDプレーヤーとして
十分使えそうです。

pBZdgp0c3Lcz5aY1501789148_1501789172[1]
石原裕次郎の1962年公開の映画
「憎いあンちくしょう」の
LDを入手しました。
私の好きな裕次郎映画です。
テンポの良い脚本や斬新な撮影で、
裕次郎の世界にグイグイ引き込まれます。
バラード調の挿入歌もお見事です。

RJ6vNK3wYWbUhwH1501789331_1501789357[1]
LP「石原裕次郎 スクリーン・メモリー」より
『憎いあンちくしょう』をカセットに録音し
ソニーのウォークマンで再生してみました。
100均のノーマルテープでも、
結構頑張っています。


[広告 ] VPS


YjZCBgAiQC0kosR1501789233_1501789257[1]
LD「憎いあンちくしょう」と
LP「石原裕次郎 スクリーン・メモリー」

P1180138_convert_20170702175015.jpg
P1180135_convert_20170702174856.jpg
P1180146_convert_20170702175240.jpg
オマケとして、
ダイドードリンコのキャンペーン景品を紹介します。
「裕次郎のCCDカメララジコンCAR」です。
「憎いあンちくしょう」の劇中、
裕次郎や浅丘ルリ子が乗り回したジャガーの
ラジコンカーで、
フロントにCCDカメラが仕込んであります。
なかなかの質感で飾っても十分楽しめます。
缶コーヒー型受信機もユニークです。
大人も結構ハマります(笑)。


[広告 ] VPS


fnUQeeMR5UpFjiO1501788329_1501788361[1]
ソニー マルチ・ディスク・プレーヤー
MDP-K3

スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

YouTubeを見ると

海外ではレーザーディスクの再評価が始まっているのが解ります。DVDやBDの原型となったクールなメカニズムに加えて、「スター・ウォーズ」シリーズの非改変版が最良の画質と音質で鑑賞できるメディアというのもあるようです。

プレーヤーはやはりパイオニアが圧倒的に多いですが、その世界的人気と信頼度の高さによるところも大きいと思います。

Re: YouTubeを見ると

まも様

猛暑お見舞い申し上げます。
今日も暑くなりそうですね。

レーザーディスクの発明は
画期的でしたね。
「絵の出るレコード」とは
なかなかうまいコピーです。
音と映像の劇的な進化の時代に
どっぷりつかり、次々現れる
新しい発明に感激しながら、
新製品をひたすら購入し続け、
電気屋を喜ばせていました(笑)。
今でもそこから
足が抜けていないようですが…(笑)。

この後どんな進化を遂げるか想像も
つきませんが、一番面白い所、
美味しい所はもう終わってしまったのかも
知れませんね。
でも、
レーザーディスクには、
本当に楽しませてもらいました。

コメントありがとうございました。

若い頃の裕次郎さんって正にヒーローだったんですね、石原裕次郎記念館の閉館が惜しまれます。

一度訪れた事があるのですが、もっとしっかり学んで帰れば良かったと。

Re: タイトルなし

じゅんいち様

石原裕次郎記念館の閉館は残念ですね。
オープンして直ぐに行った時は、
押すな押すなの大盛況でしたが、
10年ほどして再度行くと、
結構ガラガラで驚いた記憶があります。
裕次郎の映画を観たことのない人たちも
多くなり、裕次郎ファンの高齢化とともに、
どうしても記念館の来館者は
減ってしまうのでしょうね。

私は時々、
個人的に“裕次郎祭り”をして
楽しんでいます(笑)。

コメントありがとうございました。

没30年・・・・

こんにちは。シノピーです。
裕次郎お兄様、先月で没30年でした。
52才という若さでしたけれども、それに後次いでひばりさんも2年後、同じ年で急逝、昭和の時代に幕を降ろす意味での訃報だったのでしょう。
この頃の裕次郎お兄様、若干ぽっちゃり体型ですが、この体型が以後の増加で最悪、糖尿病による悲劇に遭ったのはいうまでもありません。
けれども、それに闘いながらも、太陽にほえろ、西部、大都会といった刑事ドラマの主演を努めていたのはすごいものです。
浅丘ルリ子さん、若いですが、現在はオーラで女王みたいな容姿に。

Re: 没30年・・・・

シノピー様

こんにちは。

この頃の裕次郎作品が好きで、
何度も何度も繰り返し観ています。
まだ顔も無邪気さが残っていて、
愛嬌がありますね。
テレビの方は、
「太陽にほえろ」まではよく見て
いましたが、それ以降は顔がどんどん
怖くなりあまり見ていませんでした(笑)。

学生時代に住んでいたアパートの近くの
商店街(世田谷区経堂)で、
よく「太陽にほえろ」のロケ
をやっていました。
ほとんどが、
若い刑事たちが商店街を走るシーンや
張り込みシーンでした。
そう、駅前のショッピングセンターは
「コメットさん」のロケにも使われていました。
大場久美子は天使のようでした(笑)。

コメントありがとうございました。




プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク