ナショナル 4スピード マグナファックス 7F-16 1960年代

ナショナルの
マグナファックス
7F-16です。

P1170278_convert_20170507190055.jpg
P1170280_convert_20170507190211.jpg
NATIONAL MAGNA FAX 7F-16

P1170282_convert_20170507190327.jpg
専用のマグネディスクを用い、
磁気録音・再生が可能な録音機です。

P1170285_convert_20170507190457.jpg
磁気チップが付いたカートリッジを、
トーンアームにセットして行います。
テープレコーダーのように巻き戻しの
必要はなく、ディスクのどこからでも
すぐに録音・再生ができます。

P1170291_convert_20170507190617.jpg
通常のレコード再生時は、
普通の針が付いたカートリッジ(上)に
交換します。
下がマグネディスク用カートリッジです。

P1170274_convert_20170507185847.jpg
トーンコントロールはありません。
ナチュラルな音が楽しめます。

P1170297_convert_20170507190743.jpg
P1170300_convert_20170507190904.jpg
マグネディスクを綴った
当時のアルバムを入手しました。
ラジオの番組や歌謡曲、
商店街に流すアナウンスなど、
色々録音されていました。
マイクを使って気楽に録音した感じです。

私はラジオが好きで、
家中あちこちにラジオを置き
BGM代わりに流しています。

深夜放送もタイマー録音し、
暇な時に聞いています。

ニッポン放送から
吉田拓郎の懐かしい声が聞こえてきました。
「吉田拓郎 ラジオでナイト」です。
(日曜 午後11時30分から1時間
地域により放送時間色々)
その中で、
“吉田拓郎という天才”をして、
“この人は天才”と言わしめた都はるみの
『アンコ椿は恋の花』(1964年)を、
拓郎の解説と共にマグナファックスで
聴きました。

拓郎の解説はマグネディスクで、
都はるみの歌はレコードで
再生しました。

確かに改めてじっくり聴くと、
拓郎の言っていることが
よく分かります。


[広告 ] VPS


P1170306_convert_20170507191023.jpg
16歳の都はるみのシングル
「アンコ椿は恋の花」

P1170274_convert_20170507185847.jpg
ナショナル マグナファックス 7F-16
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

斬新過ぎます。
フロッピーディスク以前に磁気ディスクを使おうなんて考え、実際に製品化した事がすごいです。

私事ですが今日、パラゴンのポータブルを聴かせて頂けました。
フタを閉めて再生出来るように工夫された姿はマグナディスクに負けず劣らず斬新だだと感じました。

Re: こんばんは

じゅんいち様

おはようございます。

本当に斬新な発想ですよね。
記録ディスクを、
レコードと同じサイズで
製品化したことが、
さらに遊び心を刺激します(笑)。

じゅんいちさんがアップされた
ジミー・ウェイクリーの
「涙のワルツ」は良かったです。
良い楽曲は編曲を変えることで
味わいも変わってきますね。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク