サンヨー ステレオビジョン 14‐FP1 1960年製

三洋電機の
ステレオビジョン
14‐FP1です。

qWzD9xuanFfLX9l1493981505_1493981587[1]
EPByKdWlv6_r8dd1493980965_1493981079[1]
rF7OUN8RqM5cj6W1493981703_1493981808[1]
SANYO STEREO VISION 14-FP1

qBE_dTgkHaDsTi61493984350_1493984458[1]
基本的には1960年代のテレビですが、
木製キャビネットの高級感や、
スピーカー部分の美しい造形に、
作り手の情熱を感じます。

iMw5tJc63jf3KtL1493975379_1493975399[1]
この背中を見て、
どこか懐かしく感じる世代は
50歳以上でしょうか(笑)。

jmOAIil_NTp6vo91493975207_1493975230[1]
当時、よく電気屋さんが出張修理
(真空管の交換など)に来てくれました。

我が家のテレビの導入は早く、
1955年頃に祖父が初孫(私の兄)可愛さで
ちょっと無理をして購入したそうです(笑)。
兄はそれ以来テレビのとりことなり、
今では自分が出演しています(笑)。
兄のブログです。
http://blog.goo.ne.jp/kapalua227

3IFDErtCjaQTNLb1493984629_1493984771[1]
テレビ上部のスペースを利用し、
プレーヤーを上手に組み込んでいます。
右側のコントローラーも使いやすく、
デザイン的にも優れています。
2ウェイスピーカーの音質も良好で、
立派な高級電蓄になっています。

PPZ4Ccpjshb1G9k1493975464_1493975490[1]
ステレオビジョンの当時のパンフレット。
私はこの頃まだ赤ちゃんでしたから
「白馬童子」は全く記憶がありませんが、
もしかしたら父のあぐらの上で、
動く絵を眺めていたのかも知れません(笑)。

クラウンレコードのベストアルバム
「夜のヒット曲」(1978年)より、
黒沢明とロス・プリモスの
『ラブユー東京』と、
笹みどりの『星の流れに』を
鑑賞しました。

『星の流れに』は1947年の
菊池章子のヒット曲ですが、
笹みどりがカヴァーしています。

「♬ 飢えて今頃 妹はどこに
一目逢いたい お母さん」

祖父がよく仲間と「今度の戦争では・・・」
とか、「この前の戦争では・・・」と
話していたのを子ども心に覚えています。
日本も確かに戦争をしていました。
そのことだけは、
決して忘れてはならないと、
『星の流れに』を聴きながら感じました。


[広告 ] VPS


P1040098_convert_20170429172510.jpg
ベストアルバム「夜のヒット曲」
左上の美人は瀬川瑛子、
右下のイケメンは美川憲一です。

I3VhAErrbYV1kcB1493984949_1493985053[1]
サンヨー ステレオビジョン 14‐FP1
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

テレビと電蓄を一体化するというのが今では考えられないです(笑)
こういうのに限ってテレビも電蓄も中途半端になりがちですが、なかなかの高音質で楽しめました。
白馬童子だったらうれしかったのに(笑)

でも、「星の流れに」良かったです。
戦争だけは、だめですよね。
あの盛大なノイズの奥から聴こえる菊池章子の歌声を求めているのですが、なかなか出会えません。



Re: こんばんは

じゅんいち様

おはようございます。

テレビと電蓄が合体した機器は、
ビクターやナショナルなどでも
作っていたようです。
このくらいの音で楽しめれば十分ですね。

室蘭のNHKのカメラに映った
北朝鮮の弾道ミサイルが落下していく映像は、
まさに“今そこにある危機”という
恐ろしさを感じます。
「今度の戦争では…」などと
私たちが会話するようなことがないことを、
心より願うばかりです。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク