オーギ電子 バンロックレコーダー E-101 1980年代

オーギ電子の
レコードカッティングマシン
バンロックレコーダー E-101です。

kLvgFDpPYiDkI6b1491458845_1491458869[1]
VANROC RECORDER E-101

stqjpS4lQuW9tE41491459936_1491459960[1]
y5pOgl3Dd5Dfe0g1491460028_1491460051[1]
左がバンロックレコーダー、
右がアトムレコーダー。
VUメーターの色が違うだけで、
基本的には同じものです。

実は随分前にバンロックレコーダーの
カッター針を壊してしまい、
お蔵入りしていました。

60fAgXB0JmSrQ5u1491091211_1491091234[1]
最近、
海外のカッティングマシン用の
カッター針を見つけました。
かなり古い物ですが
未使用品だったので
入手しました。

bl_nsFb_PBEefia1491460116_1491460139[1]
針先は金属です。
(ひと目盛り0.5ミリ)
いかにも切れそうです。

pMheimq5cvZOGB11491459110_1491459131[1]
iNPcX_rPLRSj7bS1491459209_1491459239[1]
カッター針の把持部分が、
バンロックレコーダーには
やや太かったので、
少し削ってセットしました。

zq7e6pDpGIQCNdJ1491459622_1491459651[1]
HNaXjxlURYtIYFu1491459331_1491459357[1]
プラバンでのカッティングは
極めて良好で、
ベストな状態で
録音できました。
やはりカッティングマシンは
針が命です。

6vakU2Zq90zcyJm1491459714_1491459759[1]
バンロックレコーダー復活記念に
オリジナルレコードを作製しました。

OL8XK55nLOLY6Gf1491459835_1491459878[1]
外部入力で、
CD・MDコンポと接続しました。
マニュアルモードで、
やや大きめの音量で録音します。

GAyELI4igNq1MAD1491458647_1491458687[1]
サンプル音源は、
私と小2の娘がカラオケで歌った
『True Love Story』(2000年)です。
(郷ひろみと松田聖子のデュエット曲)
“究極の親バカ”承知です(笑)。


[広告 ] VPS


_zcAwzb0B9_krQE1491458752_1491458775[1]
プラバンレコードは、
レーベル作りも含め
一度作ると癖になります(笑)。

さらにタイミングよく、
ポリカーボネート板が入手できたので、
同様に録音実験してみました。
プラバンより硬いので、
若干針圧を上げました。
(コイン2個分)
評判通り、なかなかの音質です。
今後はポリカーボネート板が
カッティングマシンの
主流になるかも知れません。

私がカラオケで歌った
吉幾三の『酒よ』(1988年)を録音しました。
カップリングは、
テレビ番組で坂本冬美がカヴァーした
『酒よ』です。

こんな“あり得ない一枚”が作れるのも
カッティングマシンの醍醐味です(笑)。


[広告 ] VPS


zM_Qz7N_g6bcitL1491902917_1491902952[1]
ポリカーボネートレコード
坂本冬美『酒よ』

YA14ojYqxj2hzdN1491459023_1491459051[1]
バンロックレコーダー E-101
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

盤に録音するからバンロックかな(笑)

カッティングマシーンだなんて特殊な機械だと思うのですが、結構発売されているものですね。

Re: こんばんは

おはようございます。

盤録でバンロックとは、
全く気がつきませんでした。
じゅんいちさん、凄いです。

数年前までは、
こうしたカッティングマシンは
オークションに登場しても人気がなく、
私も1500円くらいで入手した記憶があります。
ところが最近は、
レコードブーム復活なのか大変な人気で、
8~10万円の高値での取引になっています。
驚きです。

興味のない人には
何の意味もない機器ですが、
アナログレコードファンにとっては
どこか夢のような、
イマジネーションをかきたてられる
不思議なマシンですね。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク