オーギ電子 アトムレコーダー A-101 レコード・カッティングマシン 1980年代

オーギ電子の
アトムレコーダー A-101
レコード・カッティングマシンです。

4ldGFm0wlGiim8g1490172137_1490172176[1]
ZALiyXHgVuecqWH1490172264_1490172293[1]
kR2xe5uRXksDkPo1490173125_1490173158[1]
ATOM Recorder A-101

s2386rFal0CFIVZ1490172517_1490172546[1]
本ブログで
何度も取り上げ、
「レコードカッティングマシン」として
ブログカテゴリーにも項目を
作っています。

3HTVoGlks8jwCZN1490173038_1490173060[1]
88HD4BC0_bxIrV_1490172953_1490172984[1]
7インチレコード(シングル盤、EP盤)専用の
レコード製作機です。
7インチより大きいサイズの盤は、
ターンテーブルに乗せることすら
できません。
また、厚さが5ミリくらいになると
テーブル移動中に周囲の枠に
ぶつかりセッティングできません。

MeEG2PsK1Mx7r8o1490172860_1490172885[1]
入力はマイクとラインの2系統で、
オートとマニュアルの選択ができます。
VUメーターが振り切れても
そこそこ録音できます。
割とアバウトです(笑)。

0zTWJPORAsiDUCn1490172607_1490172635[1]
同社のバンロックレコーダーでは、
金属カッター針を用い
良好な録音ができましたが、
アトムレコーダーでは、
オリジナルのカッター針で録音しました。

元々、
アトムレコーダーはカラオケスナックで、
お客様の歌をレコーディングする目的で
作られた機器のようなので、
私もカラオケの音源を使って
録音してみました。

ニック・ニューサの「サチコ」(1981年)を
歌いました。
スナックでは“サチコ”の名前を、
ホステスの名前にかえて
歌うのがパターンですが(笑)、
残っていた音源は
“ケイコ”で歌っています。
ケイコさんとの交際中に
MDに録音していました。
もちろんホステスではなく
今の妻です(笑)。


[広告 ] VPS


0gHSAAYkUyx8CpA1490173444_1490173492[1]
Bilsb5DVzyUaDey1490173318_1490173347[1]
レーベルを付けたプラバンレコード。
思慮深い人には
絶対にあり得ないレコードです(笑)。
でも、
世界に一枚のレコード。
心をこめて作れば、
妻は照れながらも嬉しそうでした(笑)。

k7Z_8nOaBmLP0ic1490173224_1490173258[1]
オーギ電子
アトムレコーダー A-101
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

お酒の席でレコード作ってもらうってちょっと照れますよね。
このマシンも夜の街でいろんな人々の声を刻み、その姿を見てきたんでしょうか。

Re: タイトルなし

じゅんいち様

おはようございます。

レコード時代の忘れ形見のような
ユニークな機器ですね。
実際に、
アトムレコーダーで録音した
当時のラッカー盤を数枚持っていますが、
そのお客さんの十八番と思われる演歌などが、
結構きれいに録音されていました。
うまいとか下手とかは置いておいて、
“当時を写すスナップ写真”みたいな、
ちょっと心和む一枚になっていました。

じゅんいちさんがアップされた
「恋の野球拳」はとても気に入りました。
こんな歌をお座敷でお姉さんと一緒に
振り付きで歌ったら、
きっと楽しいでしょうね。
とても女房には見せられませんが…(笑)。

コメントありがとうございました

勉強になりました。

現在カッティングの勉強をしており。
大変勉強になりました。

厚さが5ミリくらいになると
テーブル移動中に周囲の枠に
ぶつかりセッティングできません。

と、ありますがプラ板、ポリカーボネイト版で、厚さは何ミリが適正なのでしょうか??

Re: 勉強になりました。

jen様

こんにちは。

質問にお答えします。

プラ板やポリカーボネート板の厚みが
何ミリが適切かは、
カッター針の状態によって
結構変わってきます。
針が新しければ1ミリや1.3ミリ位でも
良好にレコーディングできますが、
針が摩耗してくると滑ってしまって
うまくカットできません。
(摩耗した針には厚い板は硬すぎる)

その場合は、0.3や0.5ミリ位の薄い板を
選択します。
薄い板なら、
トーンアームの重さで板が沈み
針が板に噛みやすくなりカットできます。
それでもだめなら、
トーンアームの上にコイン2個位乗せて
針圧をさらに上げてみます。

現実問題、
板を円形に切る手間を考えると、
やはりハサミで切れる0.5ミリ位までが、
作業しやすいと思います。
厚い板を綺麗に円形に切るのは、
とても時間がかかりますから…。

でも、
これらは全て個人の感想ですので、
実際にはご自分で何度も
試してみてください。

自宅でのレコード作りは、
“実験することが好きな人”向きです(笑)。
もともとかなりナンセンスなことを
しているので、あまり期待せず、
“実験”と割り切りましょう(笑)。

アクセスありがとうございました。

No title

回答ありがとうございます。

針の状態によって針圧調整、盤選択などをして微調整していくんですね。
削って、聴いて、の繰り返しで一枚一枚を作っていく感覚って本当に面白いなあと思います。
たしかにこのご時世ナンセンスかもしれませんがやはり男のロマンですよね(笑)

例えばなんですが、プラ板またはポリカーボネイトの厚いもので両面一曲づつ(レコード一枚で二曲収録)をカットするのはむづかしいのでしょうか??

Re: No title

jen様

おはようございます。

お尋ねの件お答えします。

板は薄くても厚くても、
基本的には表裏録音可能です。
ただ、プラ板によっては、
滑沢な面の裏がやや荒い面の場合が
ありますので、当然荒い方はノイズが
大きくなります。
2枚貼り合わせは、滑沢な面のみ録音し
貼り合わせています。
ポリカーボネート板には表も裏もなく
共に滑沢なので、当然両面録音します。
プラ板より高値なので、
両面しっかり録音実験しないと
もったいないですから(笑)。

同タイプのバンロックレコーダーで
0.5ミリ厚のポリカーボネート板を
両面録音しています。
(『酒よ』の方です)

http://keiai1515.blog51.fc2.com/blog-entry-434.html

なお、録音時はオートよりマニュアルで、
やや大きめの音量で録音した方が、
再生時は相対的にノイズを抑えられるので、
やや聴き取りやすくなります。
これも個人の感想ですが…。

実験している過程で、
手持ちの機器にあった録音レベルを
見つけてください。

それでは、また。

針飛びについて

以前こちらの掲示板にお邪魔したjenです。

最近、Disk Recorder oll AU70-17-C??7inch用という謎のカッティングマシンを
ゲットして運良く完動品でカッティングを楽しんでいます。
レベル調整がやはり難しいところで、レベルあげすぎると針飛びしたり、レベル下げたりするとノイズが目立ちすぎたり、本当に微調節が難しいなと思ってます。

具体的に針飛びの原因というのはやはり、曲の低域が強いところなんでしょうか??
それともレベルが単純に高いから起きるものなのでしょうか??

Re: 針飛びについて

jen様

こんにちは。

針飛びの原因については、
私もよく分かりませんが、
一番はカッター針の良し悪しだと思います。
針が新しければ、
硬めの盤でも針飛びせずカットできますが、
針が欠けてくるとやや薄い軟らかい盤でないと
針が滑ります。
もちろん音量が大きいとしっかりカット
できますが、当然限界を超えれば
音割れします。
カッティング機器や盤の種類によって、
最適な音量が違ってくると思います。

なかなか奥が深いですね(笑)。
私もまたチャレンジしてみたく
なりました。

お互いに頑張りましょう(笑)。

Re: No title

Jen様

どのメーカーのポリカーボネート板の
品質が良いかは私には全く分かりません。
アマゾンでもヤフーでも、
「ポリカーボネート板」で検索すれば
沢山出てきますから、
価格や厚さや大きさなどで
セレクトすれば良いかと思います。

ちなみに「バンロックレコーダーE-101」に
使用した(「酒よ」)ポリカ板は、
「ABC HOBBY ポリカーボネート板 
0.5×200×300mm」です。
安かったので選びましたが、
このサイズだと7インチ盤一枚しか
作れません。
私は、ハサミで切れる厚さが好きです。

色々実験してみてください。



No title

なるほど参考にさせて頂きます。

ラッカー版が手に入らない今、素材選びって本当に難しいとは思いますが、自分にあったものを探すために思考錯誤してみようと思います!
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク