デノン ダイレクトドライブ・ターンテーブル・システム DP-7F 1985年製

デノンの 
マイクロ・プロセッサー搭載
ダイレクトドライブ・フルオート
・ターンテーブル・システムDP-7Fです。

P1360114_convert_20160915105919.jpg
P1360125_convert_20160915120620.jpg
P1360119_convert_20160915110031.jpg
DENON
Micro processor controlled
Direct drive fully automatic turntable
DP-7F

P1360126_convert_20160915120721.jpg
同社で
サイズやデザインが類似した
姉妹品を多く作っていますが、
いずれも使いやすい
フルオートプレーヤーです。

P1360073_convert_20160915120927.jpg
マイクロプロセッサー搭載により、
高性能でも軽量で低価格になりました。

P1360131_convert_20160915120829.jpg
電子制御のトーンアームの
動きは実に滑らかで、
適切な針圧でレコードに接します。

P1360099_convert_20160915105534.jpg
プレーヤーとしての変なクセがないので、
出力するアンプやスピーカーで、
本格的にもカジュアルにも楽しめます。

Winkの『愛が止まらない
~Turn It Love~』(1988年)を
ヤマハのアナログアンプとJBLスピーカーの
組み合わせと、
カマベイのデジタルアンプとフォステクスの
8㎝スピーカー
(雑誌「Stereo」のエンクロージュア・キット/
バックロードホーン型)の組み合わせで、
聴き比べてみました。

こういうあまり意味の無い
聴き比べが好きです(笑)。

FzfaDqItWGq4ipx1474167354_1474167368[1]
YAMAHA CA-1000ⅢとJBL LX600

9QTkoPoSVHb2z_K1474167686_1474167701[1]
KAMA BAY AMP 2000とFOSTEX M800

9pBkEDSBaaFbX0V1474167785_1474167804[1]
XrmHJhob75Vw86P1474167521_1474167551[1]
オーディオ雑誌「Stereo」2016年8月号付録の
バックロードホーン型エンクロージュアを
組み立て塗装し、
スピーカーユニット(FOSTEX M800)を
取り付けました。

小型スピーカーながら、
バブルの頃のドンドコ低音が
懐かしく響きます。


[広告 ] VPS


P1010756_convert_20160915121253.jpg
WinkのEP盤

P1360097_convert_20160915105441.jpg
デノン 
ダイレクトドライブ・フルオート
・ターンテーブル・システムDP-7F
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク