ビクター 4チャンネル・ソース・システム MSL-5018 1970年代

ビクターの
4チャンネル・ソース・システム
MSL-5018です。

P1010162_convert_20160728090725.jpg
P1010172_convert_20160728091349_20160728093620563.jpg
P1010169_convert_20160728091105.jpg
ビクター
4チャンネル・ソース・システム MSL-5018

IMG_5221_convert_20160728085831.jpg
相当ひどいガリも、
接点復活剤を吹付け
入念にすり合わせると
すっかりなくなりました。

IMG_5222_convert_20160728090012.jpg
どこか懐かしい
空色の電解コンデンサーです。

P1010178_convert_20160728091712.jpg
60、250、5000、15000Hzの
トーンコントロールは、
大変よく機能しています。
4チャンネルレコードの再生も
可能です。

IMG_5232_convert_20160728135437.jpg
40年連れ添った相棒、
ソニー スピーカーシステムSS-7300。
70年代サウンドがよみがえります。

IMG_5255_convert_20160728140056.jpg
大型のステレオに匹敵する
迫力あるサウンドが楽しめます。

イエスのアルバム
「こわれもの」(1971年)より
『燃える朝焼け』を鑑賞しました。

イエスらしさが凝縮した
好きな一曲です。
当時、
このソニーのスピーカーで
何度も何度も聴きました。


[広告 ] VPS


IMG_5257_convert_20160728140209.jpg
イエスのアルバム
「こわれもの」

P1010174_convert_20160728091545.jpg
ビクター
4チャンネル・ソース・システム MSL-5018
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ビクターの開発した

4チャンネルといえばCD-4方式ですが、このプレーヤーはCD-4非対応のマトリックス方式ですね。ビクターはソフトはCD-4しか発売しませんでしたので、何故ビクターがマトリックス方式の4チャンネルプレーヤーを出したのか不思議に思います。

トーンコントロールのSEAシステムは、後年のグラフィックイコライザーのブームを先取りしていたと思います。

Re: ビクターの開発した

まも様

おはようございます。

4チャンネルステレオといえば、
家具調のやや大きめのステレオを
思い出します。
ステレオブームの頃、
6畳くらいの応接間(洋室)に、
設置していた家が多かった
記憶があります。
ちょっと大人(オヤジ)の雰囲気でしたね(笑)。

このプレーヤーは、
高校生、大学生のお兄ちゃん世代を
ターゲットに作られたのかも知れませんね。

大変良い音で、
この時代のビクターの技術力の高さを感じます。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク