ビクター クォーツロック・フルオート・ターンテーブルQL-Y44F 1980年代

ビクターの 
クォーツロック・フルオート
・ターンテーブルQL-Y44Fです。

IMG_4225_convert_20160703122027.jpg
IMG_4230_convert_20160703122140.jpg
IMG_4233_convert_20160703124028.jpg
VICTOR QUARTZ LOCKED FULLY
AUTOMATIC TURNTABLE QL-Y44F

IMG_4262_convert_20160703124621.jpg
IMG_4260_convert_20160703124522.jpg
電子制御アームの
滑らかな動きや、
瞬時にクォーツロックする
ターンテーブルの静寂で安定した回転に、
品質の高さを実感します。

IMG_4266_convert_20160703124709.jpg
IMG_4272_convert_20160703124802.jpg
70年代のソニーのアンプや
オンキョーのスピーカーと
組み合わせてみました。

IMG_4178_convert_20160702041925.jpg
IMG_4181_convert_20160702042029.jpg
SONY
INTEGRATED AMPLIFIER TA-1150
TA-1140の後継機です。

IMG_4281_convert_20160703124901.jpg
ウッドキャビネットが美しく
絵になります。

眺めて良し、触れて良し、
そして聴いて良し。
アナログレコードファンの
心をつかむオーディオ機器です。

さだまさしが「アー アー」と
歌った(笑)、ドラマ「北の国から」の
主題歌『北の国から~遥かなる大地より』
(1982年)と、
『恋愛症候群』(1985年)を鑑賞しました。

「北の国から」はBSやCSで再放送される度、
録画し続けています。
この夏もBSフジで再放送されます。
(7月20日(水)から、月〜金の夕方に連日放送)
また録画予約してしまいました(笑)。
S-ビデオ、D-ビデオ、DVD、ブルーレイと
記録メディアの変遷に
時代の流れを感じます(笑)。


[広告 ] VPS


IMG_4191_convert_20160702042518.jpg
IMG_4196_convert_20160702042628.jpg
先日出版された
倉本聰の自伝
「見る前に跳んだ」の中に、
私の兄が「倉本ドラマの魅力」と題し
10ページほど解説を書いています。

ドラマ「北の国から」は
スペシャル版も含め、
脚本、演出、音楽、美術、
もちろん役者も皆、
まさにプロたちが魂を込めて
作り上げた素晴らしい作品です。
作り手の情熱が感じられる
オーディオ機器が、
時代を超えて愛され続けるように、
秀作ドラマも観た者の心に
いつまでも残り、
年齢と共に
味わいもさらに深まっていきます。

c3c3a8f7b058ca81cf64b6f7157902e8[1]_convert_20160703171605
倉本聰さんと兄
富良野にて

IMG_4217_convert_20160702043026.jpg
さだまさしのEP盤
「北の国から~遥かなる大地より」
「恋愛症候群」

IMG_4221_convert_20160702043136.jpg
「北の国から」のポストカード。
郵便局で買えます。

IMG_4255_convert_20160703124326.jpg
ビクター
クォーツロック・フルオート
・ターンテーブルQL-Y44F
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

北の国から

いや~ 今回ばかりは本当にタイムスリップさせていただきました。うろ憶えでしかないのですが、馬を手放した「笠松のとっつあん」とそれを演じた大犮柳太朗の姿が今も思い出されます。大滝秀治や地井武男をはじめとして既に他界したキャストも多いけれど、永遠の名作として語り継がれるべき内容でしたね。うちの親子とはちょうど10年ぐらい年代がずれているので、親の気持ちも子の気持ちも両方わかるような気がしました。
この時代になるとレコードとプレヤーは完全に完成されていて、音質的には何の問題もないですね。ブログにも書いているように地の利を生かしたアクティブアースの成功で、私もいよいよアナログプレヤー復活へと駒を進めてみたいと思います。実家の倉庫から往年の普及機 DENON DP-790(DL103付)を発掘します。

Re: 北の国から

森のくま様

おはようございます。

「北の国から」が初めて放送された時、
私は裏番組のTBSの「想い出づくり」
(山田太一脚本)の方を観ていました。
結婚適齢期の女性3人のドラマが大変興味深く、
その後の「ふぞろいの林檎たち」につながる、
山田太一の力作でした。
ですから「北の国から」は、
ずっと後に再放送を観てファンになりました。
やっぱり、リアルタイムで観る時は
世代的に近い設定のドラマや
好みの役者が出ているドラマを
セレクトしてしまいます。
20代の頃の自分には、
離婚した中年男のドラマは
ちょっと重かったのでしょう(笑)。

私も森のくまさんと同じ世代ですから、
本当に今なら出演者全員の気持ちが
分かる気がします。
「笠松のとっつあん」のエピソードも、
何度も観たい名シーンですね。

「アクティブアース」はとても興味深く
拝見いたしました。
普段ジャンクオーディオばかり
いじっているので、
相当ひどいノイズでも
無頓着になっています(笑)。
適切なアースで、
音は随分変わるのでしょうね。
私ももっとアースのことを
考えてみたいと思います。
また教えてください。

コメントありがとうございました。

ふぞろいの私たちw

「ふぞろいの林檎たち」は、中井貴一とほとんど誕生日が同じで、三流大学出の設定という自分との共通点が多かったので今でも時々思い出します。三菱UFJ信託銀行のCMでそれらしいキャストが出てきますが、少し年上だった時任さんはどうしちゃったんでしょうね?
アクティブアースは、聴感上のノイズが減るというよりも音波の動的ゼロ点が確実に決まってダンピングファクターが増したような音になります。管球アンプだと出力トランスがあるので効果が出にくいかもしれません。バッテリーだけではなく大きめの電解コンデンサーも使えるかもしれません。

Re: ふぞろいの私たちw

森のくま様

おはようございます。

そうですね、
時任三郎は最近あまり出てきませんね。
昨年のWOWOWドラマ「翳りゆく夏」では、
実にいい演技してましたが…。

ダンピングファクターですか。
あまり今まで気にしたことが
ありませんでしたが、
アースにはそういう効果も
あるんですね。
キレのいい低音は魅力ですね。

教えていただき
ありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク