ディクタフォン ディクテイティング・マシン(口述筆記用録音機)10X-A型 1920年代

ディクタフォンの 
ディクテイティング・マシン
(口述筆記用録音機)10X-A型です。

ZjJCf7vIXkaBu531463287720_1463287774[1]
vcc6mc1jIYiD0vU1463287942_1463287964[1]
ディクタフォン 
ディクテイティング・マシン10X-A

1920年代から40年代まで、
口述筆記用の録音機として
オフィスで活躍していました。
後にワイヤーレコーダーや
テープレコーダーに引き継がれて、
お役御免となりました。

itz5wyWl7uDAmXI1463288429_1463288444[1]
録音・再生切り替えスイッチ

HLWTPIsAr26wTbM1462906126_1462906199[1]
録音・再生装置

3uz5ydjDC80hFsf1462563828_1462563847[1]
録音用と再生用の針が
同じ振動板に取り付けられていて、
上部の切り替えスイッチを動かすことで、
機械的に針位置を変えます。

JCjAzbFtEISgsVe1462906551_1462906755[1]
録音用の針はシャープで、
ロウ管に鋭角に接し
カッティングしていきます。

tkB9QLEsF9Oa8jp1462906387_1462906497[1]
再生用の針先はやや丸く、
ロウ管に直角に接し
音溝をたどっていきます。

9HRwiikSYQBj7kf1462563367_1462563386[1]
録音するためのロウ管は、
シェービング・マシンにて
あらかじめブランクにしておきます。

jZ81ITmPrh3O8Pa1463288500_1463288523[1]
ジャバラ管を通った肉声が、
直接振動板を震わせ、
ロウ管に音を刻み録音されます。

Go358FgknH092BG1462905985_1462906038[1]
ロウ管を回す動力は
電気モーターです。
安定した回転が得られます。

メンテを兼ね時々モーターは
動かしていますが、
たまには
ロウ管にて録音・再生実験も
行いたくなります。

EsuP2t6SCl1cgHf1463290376_1463290390[1]
肉声を吹き込む代わりに、
小型スピーカーの音声を
録音・再生装置にストレートに
送ってみました。

UtaVSIcXjIgxtBH1463290445_1463290463[1]
サンプル音声として
永安の二胡で
『さよならの夏』を選びました。

再生時は当時と同じように、
挿話口を耳に近づけて
聴きました。
(動画も耳をすまして
お聴きください)

やや高音の方がノイズに負けず
聴き取りやすく感じます。
ロウ管が滑沢なほどノイズが少ないので、
音量の大小よりも
シェービングの良し悪しがポイントです。


[広告 ] VPS


M4SwdK0KWjLOfzq1462907922_1462907986[1]
先日、
東京の慈恵会医大の近くにある
NHK放送博物館に行ってきました。

iQYKefs5XuRFW7H1462907666_1462907737[1]
tY_dZSOxN2ThvQR1462907789_1462907842[1]
展示してある同タイプのディクタフォンを
見るためです。
NHKで実際に使用していたものです。
当時の録音が残っていれば
聴きたかったのですが、
機器の展示のみでした。

ラジオやテレビなどの
放送の歴史に興味のある人には
たまらない博物館です。

Lmsyuen7BodZrdv1463288273_1463288295[1]
lVFVwrx6Brh11dW1463287110_1463287135[1]
ディクタフォン 
ディクテイティング・マシン
(口述筆記用録音機)10X-A型
我が家の博物館では
常時展示してしております(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

すごいものが来ました。
次はワイヤーレコーダでしょうか?

Re: タイトルなし

立ち寄り様

こんばんは。

確かにワイヤーレコーダーで
録音の歴史が完結しますね。
財布と相談してみます(笑)。

また、遊びに来てください。
コメントありがとうございました。

No title

確かに音は小さめですが、いやいやどうしてすごくキレイな音で驚きました。毎度ご苦労がしのばれます (^ ^)

Re: No title

kuri様

最近のビデオカメラは
マイクの感度が良く、
広角で撮影していると
機械の回転音や外の鳥の鳴き声や
お腹の鳴る音まで(笑)、
広い範囲の音を
みんな拾ってしまいます。
本当はピンマイクを挿話口の
中に入れて録音すれば、
もっと綺麗に聴くことが
できるのでしょうね。

挿話口を耳にあてて聴くと、
当然周囲の雑音が遮断され
とても聴き取りやすくなります。
うまいこと考えたものですね。

コメントありがとうございました。

お久しぶりです

今で言うボイスレコーダーにあたるでしょうか。

録音出来れば仕事が楽になるのに、っていう夢を実現した一台ですね。

やはりエジソンは偉かった(≧▽≦)

Re: お久しぶりです

じゅんいち様

おはようございます。

何事も初めて考えた人、
初めて実用化した人がいなければ
製品として普及しませんから、
やっぱりエジソンは偉い人ですね(笑)。

ちなみにエジソン社のエディフォン
「ボイスライター」の記事です。
http://keiai1515.blog51.fc2.com/blog-entry-157.html#cm

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク