ビクター ラジオエレクトローラ 1950年代 

ビクターの
ラジオエレクトローラです。

1950年代の始めの方だと思います。
もともとはSP盤専用の、
鉄の針を付けるタイプの
ピックアップだったようですが、
サファイヤ針タイプの
ピックアップに付け替えられて
いました。

速度調節は基本的には
78回転用ですが、
45回転にも減速可能です。
但し少々不安定になります。

円形のラジオチューニングパネルが
印象的で目を引きます。
色の違う木材を組み合わせて
アクセントをつけ、
シンプルだけれど格調が高く、
風格を感じます。

1955年の映画
『ノンちゃん雲にのる』
(原節子がお母さん、鰐淵晴子が子役)
の主題歌で、
童謡歌手の小鳩くるみが歌う
『早起きノンちゃん』
のSP盤を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


ラジオエレクトローラ1950


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク