オンキョー ステレオ・プレーヤー コントロールPL-2000S 1960年代

オンキョー の
ステレオ・レコードプレーヤー
コントロールPL-2000Sです。

7NTT3VPrZvF69rf1456014862_1456014872[1]
nUzgIvejf5Y_jBF1456014966_1456014976[1]
オンキョー
ステレオ・レコードプレーヤー
コントロールPL-2000S

bjlcGzwWdXlcCj11456014912_1456014922[1]
E4tbl1dsaCQdxeM1456014553_1456014563[1]
xVpmxtFOnSjD29a1456014738_1456014749[1]
左右それぞれ真空管(50EH5)一本で
増幅・出力します。

v2B9CjKs2Rc74Xn1456114745_1456114782[1]
コンデンサーを交換しました。

本機は50サイクル仕様のため
60サイクル地域では速度調整しても
再生速度が速まってしまいます。

nYWTesCXh0B9ht21456014795_1456014812[1]
オンキョーの60サイクル用プーリーは
持っていないので、
50サイクル用プーリーを回しながら
金属を切断するカッティング・ディスクを
押し付けて、少し細くなるように削ります。

かなり乱暴な最後の手段ですが、
なんとかなるのが
この時代のプレーヤーの
いいところです(笑)。

RmlUlGEfWKLm2hj1456015017_1456015026[1]
GNmpEwxImQRPtMK1456015060_1456015071[1]
しっかりした木製ボディが
丁度いいスピーカーボックスとなり、
よく鳴っています。

笹みどりの『下町育ち』(1966年)、
和田弘とマヒナスターズ、松尾和子の
『お座敷小唄』(1964年)を鑑賞しました。

子どもの頃、
ほろ酔い気分の父が
仲間とよく歌っていたことを
思い出します。


[広告 ] VPS


vzxssZvHRsdlCJP1456216631_1456216647[1]
笹みどり『下町育ち』
和田弘とマヒナスターズ/松尾和子
『お座敷小唄』

MTVDcl8hlHxkTs91456015152_1456015163[1]
オンキョー
コントロールPL-2000S
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

まさの「小学校のプレイヤー」

小学校に似たようなプレイヤーがあり、憧れましたねえ。運動場でのフォークダンスには音量不足に悩まされました(リードオルガンの方が勝っていた?)。50EH5は2本でトランスレスにできる便利な5極管、出力は1w弱ぐらいでしょうか。木製ボディで感電はしないでしょうが、やはり電源プラグの極性には気を付けたいですね。

Re: まさの「小学校のプレイヤー」

森のくま様

こんにちは。

私も思い出しました。
私の小学校の運動会では、
電蓄のスピーカーの近くに
拡声器のマイクを近づけて
もう一度増幅していました。

そういえば中学の頃の
真空管ギターアンプも、
時々弦を押さえる左手が
人間アースになって
ビリッときていました(笑)。
結構痛いですね。

私は
すっかり運動会もご無沙汰ですが、
森のくまさんの家では
まだ現役みたいですね(笑)。
運動会会場整備お疲れ様でした。

コメントありがとうございました。

No title

今日15日に地元運動会の放送サポートをいたしました。10年ぐらい前から音源にはテープもCDも使わず、ノートパソコンを使うようになりましたねえ。こういう役割を担うようになったのも、小学校の頃聴いたあのレコードプレイヤーの経験あってこそです。

Re: No title

森のくま様

なるほど、
運動会の音源にも
時代の流れを感じますね。

地域の活動をサポートするお父さんを、
子ども達はちゃんと見ていますから、
きっと自慢のお父さんですね。

お疲れ様でした。

コントロール音響とONKYOの違い

コントロール音響のレコードプレーヤーは時々ネットオークションで見かけますが、廉価版の中小企業であのONKYOとは同名異ブランドであるような記述を見たことがあります。確かにControlブランドのものはポータブルや小型卓上型が多いような気がします。

Re: コントロール音響とONKYOの違い

まも様

こんばんは。

なるほど勉強になりました。
さすがですね。

確かに本体には、
「コントロール オンキョー株式会社」
の記載があり、
コントロールというブランド名が
大きく、先に記載されています。
一方、ONKYOの沿革を見ても、
コントロールという名前は
出てきませんから、
別の会社なんでしょうね。

会社は消えてしまいましたが、
この丈夫な木製ボディのおかげで、
今だに世の中に出回っていて、
コントロールという名前と共に
生き続けているんですね。

なんか、
下町の中小企業の
頑固な職人魂を感じます(笑)。

コメントありがとうございました。

No title

コントロール音響株式会社は、現在でも貸しビル業として存在しているようですね。私の好きだったコーラル音響は運送屋に転身、カーステレオ屋だったベルテックは価値のありそうな水を売っているようですし、かつての音響機器会社もそれそれ転身して生き残りをかけているようです。
余談ですが70年代に入るとAFアンプが5㎝角ほどのICモジュール化され、電源トランスの代わりにモーターから二次コイルを経て低圧を得るような造りになっていましたね。

Re: No title

森のくま様

こんにちは。

なるほど、
そんな転身を遂げていたんですね。
やっぱり音響業界のことは
詳しいですね。

思わぬところで
色々な情報が得られ
嬉しく思います。
ありがとうございました。

今日は暑かったですね。
さっき私の地元信州出身の
御獄海が11勝したので
冷えたビールで乾杯してます(笑)。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク