コロムビア ポータブル・プレーヤーGP-3 1980年代

コロムビアの
ポータブル・レコードプレーヤー
GP-3です。

bHO3KeEdpHcVI2l1446095728_1446095741[1]
AQbuQnflOiUJows1446093367_1446093381[1]
th760anKriNMTGq1446095900_1446095913[1]
コロムビア
ポータブル・レコードプレーヤーGP-3

eMb6ds7aSX5GuSI1446095815_1446095826[1]
uMrDRjKoAY92gRh1446093279_1446093291[1]
73G272c0pmsYDw_1446093215_1446093237[1]
優しい空色のスケルトンで、
内部の回路やスピーカーが透けて見えます。

PyZbkuNwgTB5Grh1446095993_1446096004[1] - コピー
OAIIpygx8ISECMF1446096045_1446096056[1] - コピー
スピンドルの凹みにアダプターを
かませるとレコードが固定され、
立ててもひっくり返しても落ちてきません。

Pkk4nSqahhMp8ri1446095943_1446095955[1] - コピー
eWj8nDmjZIq90Ts1446096097_1446096111[1]
トーンアームのスプリングにより、
やや強めの針圧でレコードと接し、
本体を立ててもトーンアームがずれません。

m4g2U_bo7j9Vwcr1446093730_1446093767[1]
4sl0y3xsP0cw7a11446093940_1446093951[1]
したがって、
壁掛けプレイも可能です。
LPも同様に再生できますから、
寝ころびながらBGMのように聴きたい時は、
こういうセッティングもありかも知れません。

今の20代の人たちに何気無く見せて、
反応を楽しむのもいいかも知れません。
きっと
「ナニコレ」を連発すると思います(笑)。

松任谷由実のEP盤で
『ダンデライオン』と
『時をかける少女』(1983年)を
壁掛けプレイで鑑賞しました。

長く活躍している歌手の楽曲を聴くと、
何か御利益がありそうです(笑)。


[広告 ] VPS


eyrgYUOe8COids81446095565_1446095581[1]
lAF7_U5xXyjcBJk1446095679_1446095691[1]
ちょっとセクシーな
松任谷由実(29歳)のEP盤

hwWumJZHxi7H8Hv1446095774_1446095785[1]
コロムビア
ポータブル・レコードプレーヤーGP-3
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

苦い思い出

乾電池(単1を6本?)でも使えるので、鳴らしながら持ち歩くこともできそうです。レコードを見たことがない若者が多い中「なにこれ!?」は必至でしょうね。
ポータブル電蓄は幼稚園や小学校低学年の時によくお世話になっていて、家でもいちど買ってもらったことがあります。ところが畳の上で聴きながらうとうと寝てしまったとき、はみ出したLPレコードに座布団が触れて回転を止めてしまいました。これでモーターが焼き付いて敢え無く昇天。小学生の私は親に怒られて大泣きした苦い思い出があります。まあ火災にならなかったから良かったのですが、小さな電蓄で無理してLPを掛けるとこういう危険もあったのです。

Re: 苦い思い出

森のくま様

こんにちは。

子どもの頃の大失敗や叱られたことは、
結構鮮明に覚えていますね。

子どものいる家には、
大概子ども用のプレーヤーがありましたね。
私のプレーヤーは、
蓋が壊れ、針が曲がり、落書きされ、
最後は分解されてモーターから磁石を取られ、
ガラクタになって物置の奥に隠しました(笑)。

今でもポータブルのプレーヤーで
レコードを鳴らすと、
ワクワクしてきます。
そういう気持って、
いくつになっても変わりませんね(笑)。

コメントありがとうございました。

ナショナルSF-321

70年代の我が家にあったのは、ナショナルのSF-321でした。実際このGP-3と同じくらい有名な機種だと思われますが、小5の時に買ったレコードを数回かけただけで傷めてしまったことがあります。当時はその理由が解らなかったですが、針圧9gのモノラルのセラミックカートリッジで溝の細かいステレオ盤をかけていたのですからそれは当然だということが解ってしまいます。

こうしたポータブルプレーヤーにはそれなりのノスタルジアは感じますが、実際に大切なレコードをかけるとなるとやっぱり躊躇してしまいます。

Re: ナショナルSF-321

まも様

こんにちは。

私は今でもそんな様なことをして、
レコード盤を傷付けています(笑)。
レコードキラーかも知れませんね。

私の場合は機器もレコードも
みんなジャンクです。
ブログからお気づきかも知れませんが、
私の場合はソフトよりハードの方に
関心があり、レコードの選択は
かなりいいかげんです。
大量にあるジャンクレコードの中から
比較的状態の良いものを適当に探し、
再生したらまたお蔵入りです(笑)。

そんなレコードも、
何十年振りかでターンテーブルに乗り、
嬉しそうです。(と、私は勝手に思っています)(笑)

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク