ソニー FM/AM・ステレオ・カセットレコーダー CF-2700D 1970年代

ソニーの
FM/AM ステレオ・カセットレコーダー
CF-2700Dです。

I5GAjSqmK44oiPh1444905732_1444905768[1]
0CjAv01t0enCSXH1444905804_1444905821[1]
ソニー
FM/AM ステレオ・カセットレコーダー
CF-2700D

「裏山に埋めていたのかい?」と
聞きたくなるほど泥だらけの、
まさに「ザ・ジャンク」でした(笑)。
(あまりの汚さに圧倒され、
最初の状態を撮り忘れました)
昔、使わなくなった家電をいくつも
縁の下に放り込んでいたことを
思い出しました(笑)。

それでも水没ではなかったので、
気を取り直して、
エアーと掃除機で土砂を
根気よく清掃しました。

ngojLxVk3rw3xKv1444905434_1444905472[1]
uFWKzntK1QrV2481444905559_1444905583[1]
アウトドアでの使用も想定した
堅牢なボディに守られ、
意外に内部のダメージは少なく、
電源は正常でした。
カセットの機械部分の注油と
ゴムベルトの交換で動きだしました。

iZX8RsrooWfHK8n1444906415_1444906456[1]
uapEUtLj3vHp1i51444905641_1444905662[1]
片方のVUメーターの針が振れないのは、
内部の極細のスプリング(コイルの導線)が
切れていたためと分かり、
ハンダ付けで復活しました。

SrZ_XlbHo1fA3g81445281866_1445281959[1]
Y3cjDvEZPmXvjxh1445282016_1445282060[1]
カセットデンスケTC-2850SDに
2バンドラジオを付けたような仕様ですが、
ラジオは決してオマケではなく、
高感度で使いやすく、
実用的です。

PVMnc7WN_GlgZAU1445282290_1445282353[1]
内蔵スピーカーからのサウンドは
良くも悪くも“ラジカセサウンド”で、
Hi-Fiに慣れた耳には逆に新鮮です。
心和む懐かしいサウンドです。

久保田利伸のカセット
「SHAKE IT PARADISE」(1986年)より
『流星のサドル』『Missing』を鑑賞しました。

激しいダンスナンバーの後の
チークタイムが楽しみでした。
甘酸っぱい青春がよみがえります。


[広告 ] VPS


PPFQ1k16CmHUyXK1445282528_1445282548[1]
久保田利伸のカセット
「SHAKE IT PARADISE」

r6uPlZb4R_GIb781445282103_1445282245[1]
ソニー
FM/AM ステレオ・カセットレコーダー
CF-2700D

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

 つい最近NHKの23時過ぎの番組でカセットテープ人気を特集しておりました。今後大ブレイクはしないだろうが、すたれはしないだろうと解説していました。

 ジャンク品を見事に復活させるのですから、すごいですねえ。私、年末大掃除の際にソニーのスカイセンサー6000を床に落としてしまい、電源が入らなくなりました。:keiaiさんのようなスキルがあれば復活させることができるのに、と思っております。

Re: No title

mikitaka08様

おはようございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

カセットもレコードも、
実体としてそこに音が存在している感じで
いいですよね。

私の修理は本当に上辺だけのもので、
一時的に作動したに過ぎません。
基本的には年代物のジャンク品は、
パーツを全て新品に交換しない限り、
いつかまた別の不具合が発生するでしょう。

同じ年代の機種では、
不具合の原因が似ていることが多いので、
一台だめにすると結構そこから学び、
次の機種に役立ったリします。
mikitaka08さんの野菜作りと同じですね(笑)。

スカイセンサーは憧れの機種です。
置いておくだけで絵になりますね。
私は眺めて楽しめる機種が大好きです。

コメントありがとうございました。



Re: CF-2700D

ジョンカモン様

こんばんは。

お尋ねの電源コードについて
お答えします。

私はCF-2700D用の純正コードが
なかったため、通常の電源コードの
四面をカッターで削り取り、
本体の四角い接続部分に合うよう加工し
使用しています。

それでも入らなければ、
接続の金属部分(2つの穴)の
中央もカットして(金属は露出させないでください)
少し隙間を作ると、
力を入れれば入ります。

そんなアバウトなことを
しているんです(笑)。
自己責任で試してみてください。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク