ビクター フルオートマチック・ダイレクトドライブ・ターンテーブルL-E3 1980年代

ビクターの
フルオートマチック・ダイレクトドライブ
・ターンテーブルL-E3です。

5J97547aCEAJhEF1439286883_1439286899[1]
8puW737EQSthLQZ1439286825_1439286841[1]
ビクター
フルオートマチック・ダイレクトドライブ
・ターンテーブルL-E3

ワウフラッター0.03%の安定した
ダイレクトドライブです。
見やすい直射式のストロボで、
自分の目でも回転を確認できます。
古いプレーヤーを整備していると、
正確な速度で再生されているのか
不安になることがあります。
そんな時の基準にもなります。

suJbXa8y3mmiNJh1439286948_1439286967[1]
コンパクトなデジタルアンプにつなぎ、
出力してみました。
(YAMAHAのデジタルチップを搭載した
KAMA BAY AMP 2000使用。
ビクター・フォノ・イコライザーAC-S100経由)

HNpwEIHX4FBjYTH1439286650_1439286665[1]
クリアーで繊細なサウンドが
手軽に楽しめ、
アナログレコード鑑賞のオプションとして、
「これもありかな」と納得しました。

GE_7g5TysOWdr1a1439287149_1439287160[1]
小型スピーカーより、
この位の大きさのスピーカーの方が、
このアンプの音の解像度がよく分かります。
(JBL使用)

T3T7g9CY2ASz5yh1439287080_1439287096[1]
さらに、
ベルト交換したビクターの
ステレオ・カセットデッキKD-A2につなぎ、
当時のセルカセットを再生してみました。
(この頃はレコードと同じ内容の
カセットテープがリリースされていました)

kAgeAhAIPMwE28s1439287215_1439287225[1]
十分鑑賞に堪えられる、
迫力あるサウンドが聴けました。

L-E3で、イエスのアルバム「こわれもの」より
「ラウンドアバウト』(1971年)、
KD-A2で、アルバム「ロンリー・ハート」より
『ロンリー・ハート』(1983年)を鑑賞しました。

古くても、どこか新しく感じるサウンド。
イエスのオリジナリティーは卓越しています。


[広告 ] VPS


d1RLHIXdQuSMrTu1439287265_1439287279[1]
イエスのアルバム「こわれもの」と
販売されていたイエスのカセット
「ロンリー・ハート」

5J97547aCEAJhEF1439286883_1439286899[1]
ビクター
フルオートマチック・ダイレクトドライブ
・ターンテーブルL-E3
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : プログレ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク