シャープ デュアル・プレイ・ディスク・ステレオ・システムGX-55 1980年代

シャープの
デュアル・プレイ・ディスク・ステレオ・システム
GX-55です。

wprfhi4J0yJGEfT1437368756_1437368835[1]
NyNE29F2eus0rXH1437368614_1437368629[1]
シャープ
デュアル・プレイ・ディスク・ステレオ・システム
GX-55

fBTZsy9mIwKXGlh1437368318_1437368330[1]
2バンドラジオチューナー、
ダブルカセットデッキ、
両面自動演奏プレーヤー、
ミキシング機能なども装備した
ポップな感じのステレオ・システムです。

V3OIT7bzDR7J8ak1437368380_1437368393[1]
71rCQElse4gBQ_X1437368534_1437368550[1]
一個の針で両面を再生するため、
B面ではカートリッジごと反転させます。
そのアイデアがユニークで、
“目からウロコ”です。(動画必見!)

FRnfj5Apet4SENR1437367762_1437367784[1]
プラスチックの特性を上手に生かし、
徹底的に軽量化しています。
多機能で、オシャレで、
簡単操作で、片手で持ち上がる。
ターゲッドは、部屋の模様替え好きの
独身OLあたりでしょうか・・・。(笑)

aMBb8WgnoeuunPr1437368021_1437368041[1]
トーンアームをリニアトラッキング
させるための駆動ゴムベルトの溶解と
ギアのグリスの固着がありましたが、
電気系統の不具合は無く、
カセットも含め完全に正常に作動しています。

トーンアームが反転しB面を再生する所を、
透明のプラバン・レコードで観察しました。

なお、このプラバン・レコードは、
カッティングマシン(アトムレコーダー)を用い、
私が作製したものです。
当然本来のラッカー盤よりノイズが多くなりますが、
安価なので気楽に作れます。

私の娘が、小学校2年の時カラオケで歌った
『恋する想い』と『亜麻色の髪の乙女』が
収録されています。
(ハイ、親馬鹿です)


[広告 ] VPS


もう一つ、
レコード2枚重ねの小技で(笑)、
モーニング娘の『ふるさと』(1999年)と
『ハッピーサマーウェディング』(2000年)
を鑑賞しました。
まだこの頃は、CDと一緒に
レコードもリリースしていました。

キッズダンス教室の発表会で
『ハッピーサマーウェディング』を
センターで(最年少だったので)
踊っていた娘も、今や
結婚相手を連れてきてもおかしくない
“お年頃”になっています。


[広告 ] VPS


YsoVyOb9CCeXl011437369033_1437369045[1]
モーニング娘の2枚組LP
「ベスト!モーニング娘。1」と
自作プラバン・レコード

0rF5kCUUiA9IWv71437368694_1437368709[1]
シャープ
デュアル・プレイ・ディスク・ステレオ・システム
GX-55


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : グラビアアイドル
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

何だかすごいですね・・・。

同じシャープが70年代前半に"ファッションステレオ"として売り出していたOptoMini(検索すると出て来ます。海外にも流通していたようです)と比べると、時代の変化をひしひしと感じます。 縦型ターンテーブルといいシャープは会社名にふさわしい発想の商品が多いですね。

何だか最近はメディアがアナログ復活か、などと煽り立てていますね。でも真のレコード・CD愛好家は、こうした風潮には流されて来なかったと思います。

Re: 何だかすごいですね・・・。

まも様

こういうユニークな発想の、
オリジナリティーあふれる製品を
開発するまでの苦労話を、
当時のシャープの関係者に
聞いてみたいものです。

きっと人間的にも魅力的で、
ユーモアのセンスのある人たちが、
開発していたのだと思います。

それを許せる度量の大きな会社が、
当時のシャープだったんですね。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク