ビクター ステレオHi-Fiオーディオラ SRE-102 1960年代

ビクターの
ステレオHi-Fiオーディオラ
SRE-102です。

OvFGhnQwox15zom1434915013_1434915033[1]
dwj9d6eXt_jqrvf1434915130_1434915146[1]
8mUxqQvg64kI0Up1434915658_1434915669[1]
ビクター
ステレオHi-Fiオーディオラ
SRE-102

やや小型の縦型電蓄です。

プレーヤー部分とラジオ・アンプ部分
(2バンドラジオ付きスピーカーバッフル)
が独立し、ラジオのみ単体で使用したり、
違うプレーヤーと組み合わせたりもできます。

Uf9wMd4EvZhtDsB1435038890_1435038916[1]
YGImMencm6DI0CR1434914602_1434914625[1]

もう一台同じスピーカーバッフルを
購入して、ステレオで楽しむことを
メーカーは推奨しています。
1960年頃のビクターのカタログを見ると、
モノラルからステレオにシフトしていく
時代の流れが分かります。

yju3l2w9teohDEK1435038955_1435038966[1]
当時のカタログより

3Akpvz0q8zHjMEZ1434916076_1434916090[1]
大きな2スピーカーから
落ち着いた自然なサウンドが響きます。

vUrci38mwHzwGF71434916165_1434916177[1]
K6sM3domykB4CmR1435213130_1435213145[1]
コンデンサーを数個交換しました。

AgGWQvEy6SjejRU1434914878_1434914893[1]
2バンドラジオの感度も良好です。

FrRcju3Y2GDFSad1434915236_1434915263[1]
プレーヤーは4スピード(16、33、45、78回転)
対応です。
安定した回転が得られています。

久し振りに、なかなか出回らない
〝幻の16回転レコード〟(笑)
を聴きたくなりました。

ベンチャーズの16回転レコード
「DANCE PARTY SPECTACULAR」より
『SECRET AGENT MAN』
『PIPELINE』
『LOVE POTION NO.9』を鑑賞しました。

この音質なら、
16回転レコードでも十分楽しめます。


[広告 ] VPS


7zhVpaisptwyWCT1434914447_1434914469[1]
ベンチャーズの16回転レコード
「DANCE PARTY SPECTACULAR」
「SUPER LONG PLAY」の記載のように、
片面14曲(約37分)が収録されています。

通常のLPとEP盤も聴いてみました。
プラターズの『オンリー・ユー』(1955年)、
ジャッキー吉川とブルー・コメッツの
『ブルー・シャトウ』(1967年)、
ザ・タイガースの『モナリザの微笑』
(1967年)を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


NE0SxYPo4dgkg4k1435261242_1435261271[1]
プラターズのLPと
ブルー・コメッツ、ザ・タイガースのEP盤

7oiK6KGauATU7ur1434915466_1434915483[1]
ビクター
ステレオHi-Fiオーディオラ
SRE-102
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク