ビクター オートチェンジャー・プレーヤー9-JY  1950年代

RCAビクターの
オートチェンジャー・プレーヤー
9-JYです。

R29xDNh6CDoqHz51428834390_1428834404[1]
MiExzBdgcLCWztC1428834458_1428834469[1]
RCAビクター
オートチェンジャー・プレーヤー
9-JY

ベークライトのボディが
どこか懐かしい、50年代を代表する
RCAビクターのオートチェンジャー・
プレーヤーです。

T6cw_OKTNTWpqyN1431067269_1431067282[1]
アンプが内蔵されていないので、
当時はフォノ端子のあるラジオなどに
接続して使用していました。

9DanzmVae4h1vOs1428833784_1428833807[1]
アイドラーが、プーリーやターンテーブルと
接したまま数十年お蔵になっていると、
アイドラーのゴムはすっかり変形しています。

MOtNuPsauGTJYIx1428833860_1428833876[1]
特殊な形状のアイドラーなので、
姉妹機種の状態の良いものと交換しました。

kr1SU1dg7uMOzzA1428833915_1428833933[1]
オートチェンジャーの要である
スピンドルが動かず、
分解してギアに注油しました。

tgo_8puV8oQp2md1428833978_1428833993[1]
DKjgUaI8aoM8Esx1428834057_1428834072[1]
この時代のピックアップは、
ほとんどアウトです。

bqo4HuVRfx1WCYm1428834202_1428834218[1]
分解し、80年代のモノラルカートリッジを
はめ込みます。
T5naR3lHXZTI_MN1428834280_1428834305[1]
レコード針も普及タイプですから、
安心して使えます。

zoyFHZtoRpWLcZH1428834715_1428834728[1]
正確なオートチェンジャー機能が
復活しました。

先日、本屋でオーディオ雑誌「アナログ」を
立ち読みしていると、
このRCAビクター9-JYを修理し、
7万円で販売していました。
「ふーん、動くと7万円になるんだ・・・」
それ以来9-JYを見ると
7万円に見えてきます。(笑)

いずみたくシンガーズの
『帰らざる日のために』(1974年)と、
青い三角定規の
『太陽がくれた季節』(1972年)を
オートチェンジャーで鑑賞しました。

いたずらばかりしていた
青春時代がよみがえります。
もっと勉強しておけば良かったのに…(笑)


[広告 ] VPS


z8AN8aEQE4hUHOI1428834771_1428834787[1]
いずみたくシンガーズの
『帰らざる日のために』
青い三角定規の
『太陽がくれた季節』

PfTmN0_XV5ciG0z1428834523_1428834539[1]
RCAビクター
オートチェンジャー・プレーヤー
9-JY
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク