エジソン スタンダード・フォノグラフ 1903年製 

エジソンの
スタンダード・フォノグラフです。 

rc7E8Da71Gc5tNF1427610734_1427610759[1]
エジソン・スタンダード・フォノグラフ

3月22(日)のお昼(12時~12時54分)に、
BS日テレで放送された特別番組
「メイド・イン・ジャパン解体新書
~音楽と文化を巡る冒険~」で、
私のコレクションしているエジソンの
蓄音機の写真を使っていただきました。

ドラマの主人公の音大生(藤本泉)が
ゼミの宿題(「日本のポップカルチャーの
源流を探る」がテーマ)のために、
インターネットで検索しているシーンで
使われました。

「電気の無い時代に人々はどうやって音楽を
楽しんでいたのか」を調べていくうち、
エジソンの蓄音機にたどり着きます。

i7HFxJYTIZZfMpr1427400601_1427400654[1]
音大生役の藤本泉。
自然体で楽しそうに演じていました。

9ivDlmgR_Ea_ESe1427450619_1427450652[1]
いつものテーブルで撮影した私の
エジソンの蓄音機の写真をアップで
映していただきました。

vdIetDrBn9zcJvU1427317591_1427317971[1]
89bM4M4WpX6N3yf1427400738_1427400791[1]
C_Iecm9JUD7KD_C1427400924_1427400971[1]
円筒型のロウ管レコードから円盤型の
レコードへの変遷の説明で、私の撮影した
写真が使われました。

gRdyRTYgFdvkIGm1427401080_1427401116[1]
XSetCv7FX6NdcKQ1427401247_1427401302[1]
9Phl0X6hCox1McO1427401396_1427401452[1]
音大生の情報源は、
レコードについて詳しい喫茶店のマスター
(佐野史郎)です。
本当に詳しそうですね。

藤本泉がLPを見て
「実物を見るのは初めてなんです」と言って
いましたが、もはや20代はそんな感じなのかも
知れません。
正直、ちょっとショックでした。(笑)

rareNQkwgwEvobI1427401568_1427401604[1]
バックロールに美術協力として、
個人名で載せていただきました。

決して高い視聴率を取るような番組では
ありませんが、レコードファンには嬉しい、
保存版としてDVD化したくなるような、
質の高い作品になっていました。

番組の企画書や取材申請書や台本を読み、
普段何気なく流れているテレビ番組も、
放送されるまでには大変な労力と
多くの人々の協力が必要と知りました。
担当の山本竹輝プロデューサーをはじめ
スタッフ・出演者の皆さん、
本当にお疲れ様でした。

さて、そんなエジソンの蓄音機に
敬意を表して、
チャールズ・ダルマインの
バイオリン・ソロを鑑賞しました。
1902年録音の古いロウ管です。
シューベルトのセレナードと
メンデルスゾーンのスプリング・ソング。
まさに110年物のタイムカプセルです。


[広告 ] VPS


90WK9YL0uT0FAK41427610845_1427610863[1]
エジソン・スタンダード・フォノグラフ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

 凄いです!!

 やはり、眼力のある人はkeiaiさんの技術とすばらしいライブラリーを見て、高い評価をされたのですね。

 アナログ文化への宣伝を含めて、とても嬉しいニュースです。
 残念ながらこの番組は見ませんでしたが、サブタイトルも素敵ですね。このような良質な番組が少ないだけに、アナログを取り上げていただき大きな拍手をおくりたいです。
 有名企業や大学名に並んで、協力者にkeiaiさんの個人名があるのもすごいです。 
 おめでとうございます。これからもますます、アナログ文化を後世に残す取り組みを続けて下さい。

ありがとうございます

mikitaka08さま

こんにちは。
嬉しいお言葉をありがとうございます。

突然、担当プロデューサーからコメントが入り、
以降メールのみのやり取りで進めていきました。
企画書や台本もメールに添付され、
私も写真をメールに添付し送りました。
今時の取材形式なんでしょうね。

ちょうど22日は、結婚記念日(翌日)と
私の誕生日(前日)でもあり、
良い記念になりました。(笑)

北海道もようやく春らしくなってきたのでは
ないでしょうか。
私の職場は標高930mありますから、
少し北海道に近いかも知れません。
冬季にクリアーに見えていたアルプスが
ちょっとボケ始めると春です。

コメントありがとうございました。
それでは、また。

ドラマの撮影協力

お疲れ様でした。

いやぁ、本当にうらやましいです。

にしても、LPでさえ実際に見たり触ったりした事のない若い世代が増えている事にもショックですね。

Re: ドラマの撮影協力

じゅんいち様

ありがとうございます。
バックロールが凄く早いものもありますが、
この番組では読める程度のスピードで
助かりました。
実は、じゅんいち様と一字違いの名前です。(笑)

確かに40代、50代の親がレコードを持っていないと、
その子供世代はレコードに触れる機会が少ないかも
知れませんね。

でも一方で、
クラブのDJみたいなヤツ(名前を知りません)は
凄く盛り上がっていて、こちらの方は私は
全くついていけません。(笑)

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク