シャープ デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム VZ-V3 1980年代

シャープの
デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム
VZ-V3です。

SAVmKT4Dyf6uIrC1423558128_1423558149[1]
se4GE_M_IsNEZ4P1423558435_1423558451[1]
yaSNxQOsZWvn3Dl1423558279_1423558304[1]
シャープ 
デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム
VZ-V3

アクティブなVZ-V2から大きくコンセプトを変え、
落ちついたインテリアのようなデザインです。

vqB8h62zCoIS13u1423558205_1423558221[1]
レコード挿入口の扉の開閉が電動化されて
います。
どのパーツも丁寧な仕上げがなされ、
全体のバランスも良く、
高級感があります。

tZ4yJLoiaV4RaV61423558508_1423558523[1]
チューナー、カセット、プレーヤーの
操作ボタンが明確に独立していて、
誤操作しにくくなっています。
機能性重視の大人のプレーヤーです。

CBgsiy4e8ebtJgb1423386673_1423386701[1]
gFVdTtMNUuX7VS41423386811_1423386823[1]
ゴムベルトの交換は、
本体から内部の機械部を抜き出し、
さらにプレーヤー部分を引き倒します。

Bfflo7WJDUchBpS1423386862_1423386875[1]
ターンテーブルを外せば容易に
ゴムベルトの交換ができます。

F1JudvnIQ1vnxEH1423386912_1423386925[1]
トーンアームをスライド移動させるための
駆動ゴムベルトは硬化して変形していました。

ゴムベルトを交換すると、
高性能プレーヤーが復活しました。
B面の再生も安定しています。
トーンコントロールもよく効き、
サウンドも落ち着いています。

エコーやミキシング機能もあるので、
エレキギターを接続して、
にわかギタリストになるのも楽しいでしょう。

“なりきり演奏”の定番
サンタナのアルバム「アミーゴ」(1976年)より
『哀愁のヨーロッパ』と、
高中正義のアルバム「サダージ」(1982年)より
『A Fair Wind』『Saudade』を鑑賞しました。

共にヤマハのエレキギターが
いい音を響かせています。


[広告 ] VPS


NYBJLzrOnPoMR8L1423558579_1423558604[1]
サンタナ「アミーゴ」 高中正義「サダージ」


lqZiVto1u55bELy1423558361_1423558377[1]
シャープ 
デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・システム
VZ-V3
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

 1980年代のオーディオメーカーはパワーがあったのですね。
 ゴムベルト1本で30年後に蘇るテクノロジーを当時のメーカーは持っていたということですね。
 私は未だにガラ系ですが、スマホ世代に聴くとスマホの劣化はすさまじい勢いで進むそうですね。したがって機種交換を頻繁にしなければいけない。
 そんな時代に逆行して:keiaiさんの記事を読むとホッとします。
 この交換用のゴムベルトはどのように入手するのでしょうか。

Re: No title

いつもコメントありがとうございます。

交換用のゴムベルトは、
ナガオカの通販やヤフーオークションで購入します。
二つ折り28㎝から34㎝くらいまでなら常時購入できます。
私の場合は、あまり使用しないプレーヤーのゴムベルトは、
作動確認した後外してしまうので、
他のプレーヤーにも使い回ししています。

リニアトラッキングのトーンアームを動かすための
ゴムベルトは、それほど品質が高くなくても大丈夫なので、
ダイソーの髪留め用のカラフルなゴムバンドを使用する
こともあります。輪ゴムより良さそうです。

私も普通の携帯電話ですが、
年に数回しか使用せずスマホの必要性も感じません。
子供たちから巻き上げたスマホの巨額の利用料が、
どのように流れ、誰の懐に入るのか。
国策のような流れが不気味ですね。




掲載のお写真について

初めまして
当方、テレビ番組の製作に携わっておりますが、掲載のお写真に着いてお話を伺いたく、ご連絡いただけると幸いです。先ずはメールにて、よろしくお願いいたします。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク