シャープ デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・プレーヤーRP-V500 1983年製

シャープの
デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・プレーヤー
RP-V500です。

JC1gUQXFbdAfXL81420707819_1420707837[1]
znNsACrYf542uU11420707727_1420707768[1]
P1qfm54o6p_bKVJ1420708091_1420708129[1]
シャープ・デュアルプレイ・ディスク・
ステレオ・プレーヤーRP-V500

シャープのリニアトラッキングプレーヤーの
集大成とも言えるプレーヤーで、
「こんなプレーヤーを作りたい」という
作り手の強い思いが伝わってきます。
洗練されたデザインで、
1983年のグッドデザイン賞を受賞しています。

abqIlFqnGudJ15I1420659599_1420659648[1]
jGEve4viaT_HuTP1420658720_1420658750[1]
ほぼLPサイズにまとめていますが、
内部はそれ程窮屈ではありません。
プリント基板が緻密になり小さくなってきた
ためです。
もはや私にはブラックボックス状態です。

IqkZGbYbFm5xw8Z1420658839_1420658999[1]
水平位でのレコード両面自動再生を
可能にした、下から上に針が持ち上がる
カートリッジ。

1OwoTQIK28j7JdN1420707897_1420707913[1]
A面、B面プログラム選曲可能で、
選曲した曲はディスプレイで確認できます。
レコードを反転しなくてよいのは、
確かに便利です。

まさに頂点を極めたプレーヤーとして、
大切に動態保存していきたいと思います。

このRP-V500では、
透明感のある美しい歌声を
聴きたくなりました。
八神純子のアルバム
「夢みる頃を過ぎても」(1982年)より、
『夢みる頃を過ぎても』と
『二人だけ』を鑑賞しました。

『二人だけ』はB面のラスト曲で、
上向きカートリッジでの再生です。
レコードもA面と逆の回転となります。

経営再建中のシャープ。
良い物を作っても、
大量に売れなければ
なかなか黒字にならない、
巨大化した企業のジレンマ。
経営も、
上向きカートリッジのような逆転の発想で、
起死回生できないだろうか…。


[広告 ] VPS


3rG5WtwdWLMxbzv1420708755_1420708769[1]
八神純子のアルバム
「夢みる頃を過ぎても」

S8RpRwVst9roi3i1420707274_1420707670[1]
シャープ・デュアルプレイ・ディスク・
ステレオ・プレーヤーRP-V500


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

はじめまして様、はじめまして。(笑)

コメントありがとうございます。
お探しのビクターのプレーヤーは、
もしかしたら2010年6月14日にアップした
ビクター・ステレオ・エレクトローラかも
知れません。
でも上蓋が違うから、これとは別物かも知れませんが・・。
一応、バックナンバーからチェックしてみてください。
アドレスも記載しておきます。
http://keiai1515.blog51.fc2.com/blog-entry-85.html

いずれにせよ、懐かしんだり、ちょっと癒されたりして
いただければ嬉しく思います。

また、遊びに来てください。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク