コロムビア ポータブル・レコードプレーヤーGP-3 1980年代

コロムビアの
ポータブル・レコードプレーヤーGP-3です。

xXCZqS_QpxljM481416561266_1416561282[1]
eq1qCBa0kLW3L2S1416561322_1416561336[1]
BN1c0xdHgGDZn9I1416561210_1416561223[1]
コロムビア
ポータブル・レコードプレーヤーGP-3

紅白のツートンでお馴染みの、
コロムビアのヒット製品です。
使い易いポータブルプレーヤーの
定番とも言えます。
ナショナルのSG-503N同様、
安定した再生が楽しめ、
故障も少なくおススメです。

「ウルトラマン」のピクチャーレコードを
入手したので、子どもの頃を思い出しながら、
このシンプルなプレーヤーで
再生してみました。

「ウルトラQ」から「ティガ」あたりまで
リアルタイムで見続けている私は、
「ウルトラシリーズ」のメロディを耳にすると、
今でもワクワクしてきます。

『ウルトラQ』(1966年)、
『ウルトラマン』(1966年)、
『ウルトラセブン』(1967年)、
『帰ってきたウルトラマン』(1971年)
を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


oc_aYbp7eMX7wkd1416720380_1416720394[1]
LP「完全盤 ウルトラマンの世界」「ウルトラ大作戦」
ソノシート「ウルトラマン 決死の対決!」

「ウルトラQ」つながりで
もう一つ。

テレビがデジタル放送となり、
高画質が当たり前となった今、
すっかり忘れ去られてしまった
8ミリ映写機を紹介します。

家庭用ビデオなど無かった年代は、
8ミリ映写機が活躍した時代でした。
壁に白いシーツを画びょうで留めた
簡易スクリーンでも、結構楽しい
上映会になりました。
高額な映画作品も販売されていて、
家庭で好きな作品を上映できることは、
まさに映画ファンの最高の憧れでした。

XgS8JTUfx34Gg4P1416301088_1416301103[1]
フジカスコープ・サウンド・SH9

フジカスコープ・サウンド・SH9は
使いやすいサウンド映写機で、
充実した機能を備えた高級機種です。
上映中の映写機のノイズも、
映画ファンには懐かしくて嬉しい音です。

MJsfTQrwjG7Whh_1416135164_1416135198[1]
ホームシアターで上映中

光学録音された東映の8ミリ映画
「ウルトラQ」を入手したので、
ホームシアターで上映してみました。
懐かしいノイズを、
映画ファンに送ります。(笑)


[広告 ] VPS


HCK5j0Wroyjw2KN1416301261_1416301272[1]
8ミリ映画劇場「ウルトラQ」

a2OTHZEoKKiWq721416721035_1416721061[1]
フジカスコープ・サウンド・SH9と
イーストマンコダックのコダスコープ(1932年製)
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク