ビクター ステレオHi-Fiオーディオラ 1960年代

ビクターの
ステレオHi-Fiオーディオラ
(SRE-102B型)
1960年代後半の物です。

プレーヤーとアンプが独立していて、
プレーヤーを外せば、
高音質ラジオとして
単体で使用できます。
また他社のプレーヤーと
組み合わせることも可能です。

画像では、
タワー型の大型電蓄を
イメージしがちですが、
LPレコードを乗せると
前後にはみ出します。

座って操作できる高さで、
コンパクトでかわいい感じです。
6畳間の和室に置いても違和感がなく、
当時の住宅事情を考慮した
日本的なサイズといえます。

サウンドも、
まさに6畳間で聴くのに
丁度いい位の音量、音質で、
2スピーカーから真空管の
温かな音が広がります。

アンディ・ウィリアムスの
貴重な写真入りのレコードを
入手しました。
A面は『ハワイの結婚の歌』、
そしてB面は当時のCMソングで
『マイファミリー味の素 
いつでもどこでも』です。

心和む2曲です。


[広告 ] VPS


ビクターHi-Fiステレオオーディオラ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

碓井先生がブログで紹介されていたのでさっそく来てみました。

とてもなつかしく楽しませていただいています。

とくにレコードに針を落とす瞬間がいいですね。

わが家にある埃をかぶっている古いプレーヤーたちも大事にしてやろうと思いました。

No title

今晩は
初めまして。

これです。探し求めていた機種。
叔父が購入したこのステレオを叔父に内緒で
従兄達と聴きまくりました。
といっても、レコードが一枚。
忘れもしません。『白鳥の湖』です。
ステレオを買ってもレコードが買えなかったのでしょうね。
高価すぎて。
なつかしいです。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク