ビクター 円盤式磁気録音機 マグナファックス MDR-1 1960年製

ビクターの
マグナファックスMDR-1
(円盤式磁気録音機)です。

BgEB1VojlJLN8vJ1411588984_1411589000[1]
357InvfTsHfjLUq1411588155_1411588173[1]
5hGtf3ljoxEBIRb1411587911_1411587940[1]
ビクター・マグナファックスMDR-1
(円盤式磁気録音機)

レコードとテープレコーダーの
長所をうまく生かし、
専用のディスク(マグネティックディスク)を
用い録音・再生を可能にしました。

1wL59bHAIZ3BUKp1411588833_1411588853[1]
ソノシートのようなマグネティックディスク。
EPサイズと、大きなLPサイズもある。
f11FK_QEwtoG3Hj1411588230_1411588253[1]
録音された音を消去するイレイサーと、
ストップ・バックボタンの付いたマイク。
HCjSUU1BLxR0PCp1411588762_1411588778[1]
磁気チップの付いた
録音・再生用カートリッジ(下)と、
通常のレコード再生用カートリッジ(上)は
ワンタッチで交換可能。

録音した音声は、
テープレコーダーのような
巻き戻しや早送りする手間が省け、
ディスクのどこからでも再生できます。

消去器(イレイサー)でディスク表面を
数回なでると録音された音は消え、
何度でも録音が可能です。

AQXVKTGB_0pBb8i1411588505_1411588526[1]
gVqy5ywgEonRjSL1411588607_1411588626[1]
マジックアイ(一番上)の緑の発光を見ながら
録音レベルの調整を行う。

発想の素晴らしさと、
それを製品化する強い情熱に
敬服します。

「寅さんの口上」をまねて
マイクでの録音実験をしました。
まだまだ正常に作動しています。

マグネティックディスクの一枚に、
1963年に録音された音声が入っていました。
消去不十分で当時のテレビ番組の音声が
残ったまま、それに重なってピアノ伴奏による
唄が録音されていました。
ソプラノ歌手のような歌声に、
ちょっと上流階級のお屋敷をイメージしました。
このマグナファックスを所有していたのは、
やはり裕福なお家だったのかも知れません。


[広告 ] VPS


磁気チップから通常のレコード針の付いた
カートリッジに交換すると、
4スピードの電蓄に早変わりします。

eXqazI3ennnaoON1411587682_1411587709[1]
レコードを再生すると
実にクリアーな音質で、
完成度の高さを実感します。

松尾和子・和田弘とマヒナスターズのヒット曲
『誰よりも君を愛す』(1959年)と、
松尾和子・フランク永井のデュエット曲
『東京ナイト・クラブ』(1959年)を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


Ad7KepzbcfqQUNx1411588910_1411588929[1]
当時の宣伝用ポップ。
定価33,600円は大卒初任給の2倍以上。

高額のためあまり普及しなかったようですが、
ディスクに記録する後のデジタル機器への
布石となったかも知れません。
このMDR-1も、
放送博物館で動態保存して欲しい一台です。
(私は4台保管してますが・・・)

繝薙け繧ソ繝シ縲?繝槭げ繝翫ヵ繧。繝・け繧ケ+008_convert_20111106174706
nI6IySxhGYLJv2B1411589230_1411589246[1]
ビクター・マグナファックスMDR-1
csO9XjuPJtqyZ_i1411588683_1411588698[1]
松尾和子・フランク永井
『東京ナイト・クラブ』(1959年)
松尾和子・和田弘とマヒナスターズ
『誰よりも君を愛す』(1959年)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : なつメロ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク