三洋電機 ステレオ・ビジョン 14-FP1 1960年製

三洋電機の
ステレオ・ビジョン 
14-FP1です。

deeXEsCn9XvhETq1410725567_1410725581[1]
lr_iRuzEaS_qZfU1410725247_1410725259[1]
rMgYZr3hza9PiJx1410724896_1410724910[1]
三洋電機
ステレオ・ビジョン 
14-FP1

テレビと電蓄を合体させた
ユニークなアイデア製品です。
ブラウン管上部のデッドスペースと、
テレビの音声増幅回路を有効利用し、
通常のテレビサイズにまとめています。
デザイン的にも美しくモダンです。

電蓄は実に使いやすい高さで、
操作性も良好です。
しっかりした本体が
良質のスピーカーボックスとなり、
味わい深い良い音を聴かせてくれます。

YjGQDVejdGSt8B31410725184_1410725201[1]
プレーヤーは4スピード切り替え。
トーンコントロールは高・中・低の3段階。

t2JhOpNfX15utrU1410725044_1410725062[1]
2ウェイスピーカーは音質良好。
ガチャガチャ回すチャンネルが懐かしい。

このステレオ・ビジョンの定価は75,000円。
1960年の大卒初任給の4.7倍です。
もちろん高額ですが、
当時のテレビの価格としては
妥当とも言えます。

Hva9VBUXtpMHPLs1412032157_1412032198[1]
1960年頃の家電しおり(ナショナル)に、
白黒テレビ65,500円、冷蔵庫60,000円、
洗濯機23,300円の記載があります。
s39jZdt62K0Rejk1412032052_1412032077[1]
「家庭生活を明るく向上させるために」
「みんなの幸せ、喜びを必ずもたらしてくれる」
しおりにはそんな記載があります。

テレビ、ステレオ、
掃除機、洗濯機、冷蔵庫。
憧れの家電を夢見て、
みんなが仕事に励み、
日本全体が活気に満ちていました。

そんな元気な日本の象徴みたいな
石原裕次郎の甘い歌声を
聴きたくなりました。
EP盤で、
『二人の世界』(1965年)、
『恋の町札幌』(1972年)
を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


zSgkHK4ZLZJrx2_1410807704_1410807721[1]
石原裕次郎のEP盤
『恋の町札幌』『二人の世界』

wl2xJgqYfRgcLZ01410725493_1410725509[1]
三洋電機
ステレオ・ビジョン 
14-FP1
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク