ビクター パーフェクト・Hi-Fiステレオ・オーディオラ STL-661C 1965年製

ビクターの
パーフェクト・Hi-Fi・ステレオ・
オーディオラ STL-661Cです。

4XbtuxKrDTzCKuR1410551122_1410551145[1]
er3nQfjPKBZ3O_d1410550919_1410550936[1]
99nAESa2xoZH1XL1410551306_1410551336[1]
ビクター・
パーフェクト・Hi-Fi・ステレオ・
オーディオラ STL-661C

時々、この大型電蓄のパワフルな
サウンドを聴きたくなります。
オートチェンジャー機能は、
まだまだ健在です。

bjAfxlUVV0B7u3a1410551033_1410551048[1]
ツマミは、音量・エコー・高音・低音の4個。
音量は左右の2連ボリュームです。
16、33、45、78回転の4スピード対応。
就寝前にレコードを聴きながら
眠ってしまっても、
自動的にメインの電源まで切れる
スリーピングスイッチも装備。
FMステレオ付き2バンドチューナー。
当時最高レベルの堂々たる電蓄です。

JNzmivJGsr9aVl81410551737_1410551750[1]
オートチェンジャー用スピンドルは容易に外せ、
通常のLPも再生可能。

オーディオラ内部
使用真空管は、17EW8、12BA6×2、12BE6、
12AV6、12AX7、6AQ8×2、30M・P23×4の12球。

オーディオラのスピーカー
20×30㎝の楕円Hi-Fiスピーカー、
5㎝スピーカー、パノラマスピーカー装備。
縦長の装置はエコーマシン。

PhI7zW68k_GqSxj1410551604_1410551621[1]
毎日撫でるように磨いている天板は
ピカピカで、鏡のように輝いています。
細部まで丁寧に仕上げられ、
職人のプライドと愛情が伝わってきます。

格調高く、どこかに和のテイストを感じ、
飽きることがありません。
いつまでも眺めていたい、
昭和を代表する銘機です。

1974年のルベッツのヒット曲をカヴァーした
Winkの『シュガー・ベイビー・ラヴ』(1988年)、
1969年のショッキング・ブルーのヒット曲を
カヴァーした長山洋子の『ヴィーナス』(1986年)、
そして、1985年のアンジー・ゴールドの
ヒット曲をカヴァーした荻野目洋子の
『ダンシング・ヒーロー』(1985年)を、
オートチェンジャーで鑑賞しました。

1965年生まれのオーディオラにとっては、
ちょっと新鮮な電気信号かも知れません。


[広告 ] VPS


AMAeUxjl73WxbT51410551204_1410551220[1]
8I4tKBolnn8yc3a1410643686_1410643740[1]
ビクター ・パーフェクト・Hi-Fi・ステレオ
・オーディオラ STL-661C

z_zWa71rd4jBzOZ1410551791_1410551807[1]
Wink、長山洋子、荻野目洋子のEP盤




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 昭和の歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
とても綺麗なオーディオラですね!
メンテナンスはご自分でされているのでしょうか?
自分も661を持っているのですが、レコードが聴けません・・・。

修理できるところも見つけられないので、
自分でメンテできる方が羨ましいです! 

早く自分もレコードを聴けるようにして
浪漫飛行様の様にアップしたいです。

それまでは浪漫飛行様のアップを見せていただき、
我が家でも鳴る日を夢見たいと思います。
(ラジオは鳴ります)

いきなりのコメントで失礼しました。

コメントありがとうございました

hide6様
はじめまして。
私も実は電気系統の不良については
ほとんど知識が無く、
コンデンサーが破裂してから交換する程度です。

60年代の電蓄のピックアップは不良が多く、
あまりノイズが大きい時は
80年代のものと交換しています。
ラジオは鳴るけれど、
プレーヤーが再生できない時は、
断線が原因の場合もあるので、
ピックアップからアンプまでの導線をたどって、
ハンダが外れたり接触不良を起こしていないか
チェックしてみてください。
意外にハンダ付け1箇所でよみがえることも
あります。

オーディオラは配線が込み入っているので、
沢山の不良部品を取り換えなければ
ならない場合は、修理業者さんにお願い
した方が間違いありません。

ちなみに、
奈良県の(株)ヨネデンさんで、
古いオーディオ機器を修理してもらえる
ようです。
ちなみにサイトのアドレスは
http://yonedenblog.blog.fc2.com/
です。

私は同じオーディオラをもう一台ストックして、
何かの時に部品を拝借できるようにしています。
好きな機種は同じ物を4台持っていたりします。
それでも経年劣化は防げませんし、
パーツを全て新しい物に変えたら、
もはや別物ですから、
いじくるのはある程度でやめています。

いじって半分、眺めて半分楽しむのが、
ジャンクオーディオの楽しみ方ですね。(笑)

また、遊びに来てください。
コメントありがとうございました。

No title

親切丁寧にご教授頂きありがとうございます!
レコード聴けるように頑張ります。

またお邪魔させていただきます。 ありがとうございました(^O^)
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク