ケンウッド フルオートマチック・ターンテーブル・システムP-3J 1980年代

ケンウッドの 
ステレオ・フルオートマチック・
ターンテーブル・システムP-3Jです。

RqN5tdgvSfmCwEw1404033900_1404033924[1]
Md85vthScqZikdp1404033673_1404033698[1]
f5LTcsXmE3E3saU1404033819_1404033849[1]
ケンウッド 
ステレオ・フルオートマチック・
ターンテーブル・システムP-3J

グラフィック・イコライザーGE-5J、
CDプレーヤーDP-7J、
カセットデッキX-7Jや3ウェイスピーカー、
ステレオアンプA-5Jなどと共に
セットで入手しました。
ロキシーシリーズのシステムコンポです。

LJuP1CkNV6lHZdF1403174114_1403174135[1]

MDミニコンポ時代の少し前の、
がっしりした贅沢な作りで、
現在も十分機能しています。
私は結構気に入っていて、
プレーヤーやスピーカーを組み換え、
気軽に楽しんでいます。

リモコンが充実していて、
レコードプレーヤーのスタート・ストップも
リモート操作できます。

AIwfP1QjDAUPEXk1403174172_1403174185[1]

70年代のラジオ少年は、
ボタンやツマミの多い黒いメカに惹かれます。
丁度、富田勲の珍しいアルバムを入手したので、
このコンポで聴いてみました。

2枚組のアルバム『富田勲の世界』(1977年)です。
レコード1は、
「トミタ・サウンドの秘密をさぐる」。
レコード2は、
「驚異の拡がり バイホニック・ミキシング・
サウンド・バイ・トミタ」。

オシレーターの無機的な発振音に、
ビブラートやエコーをかけ徐々に変化させ、
それを何十回も重ねて録音していくことで、
聴く者を感動させるようなサウンドを作っていく。
そんな気の遠くなるような緻密な行程を
垣間見ることのできる貴重なレコードです。

完成した楽曲のサンプルとして入っていた
『月の光』(ドビュッシー)より
「パスピエ」「月の光」「アラベスク 第1番」と、
『ダフニスとクロエ』(ラヴェル)より
“夜明け”のメロディ部分の音作りを
紹介したパートを鑑賞しました。

トミタ・サウンドを聴く時、
ジャングル大帝のような手塚治虫のアニメを
イメージすると、一気に鮮やかなカラーに
変わります。


[広告 ] VPS



[広告 ] VPS


cvSgXSSvW9Enhgh1403174251_1403174267[1]
アルバム『富田勲の世界』

71wXHk7TVTl6qYy1403174333_1403174370[1]
モーグ・シンセサイザーと一緒に記念撮影。
富田勲が初めて日本に個人輸入した時、
軍事機器に間違えられたのも頷けます。
凄い迫力です。
浜松市楽器博物館にて 2014年6月

オマケとして富田勲が作曲した、
子どものための交響曲入門レコード、
「子どものための交響詩 ジャングル大帝」
(1976年)も聴いてみました。
監修・手塚治虫、ナレーター・芥川比呂志、
演奏は日本フィルハーモニー交響楽団です。
「ジャングル大帝」のストーリーに沿った絵本と、
吉田正による詳しい音楽解説が付いています。
丁寧に作られた本物志向の一枚です。
子ども達への愛情を感じます。


[広告 ] VPS


m9C4lTwXK4Pe3bJ1404033970_1404033983[1]
「子どものための交響詩 ジャングル大帝」

EQAxmgVjEdlHSEx1404558358_1404558373[1]
手塚治虫の水彩の挿絵が美しく、
大人も心癒されます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

当時シンセを操ることは、大変な憧れでした。
富田さんて神さまみたいな存在でしたものね。
それが今や、PCひとつで何でもできてしまうのですから
スゴイことです
浜松の博物館に私も行ってみたいです。

コメントありがとうございます

kuriさま
何事も最初に大成した人が凄いですね。
モーグ・シンセのマニュアルがなかったというから
さらに驚きです。
何もかも一からのスタートだったんですね。
コピペではなく、ひたすら同じ作業を繰り返し
実際に音を重ねているので、音の厚みが違います。
今聴いても新鮮ですね。

私も一度実物を見たいと思っていました。
世界中の楽器が展示されていて、
楽器の好きな人にはたまらない博物館ですよ。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク