TRAV-LER オートチェンジャー・レコードプレーヤー モデル9052 1950年代

TRAV-LER(トラブラー)の
オートチェンジャー・レコードプレーヤー・ 
モデル9052です。

wAIYsYubBI1YOo61401787522_1401787535[1]
D4yQYeDvr8YRCJe1401776513_1401776525[1]
TRAV-LER Phonograph model 9052

ダンスブームだった1955年頃のアメリカで
活躍していたオートチェンジャープレーヤーです。
ゴールドのエンブレムやトーンアームが、
エンジの本体によく合います。
全体的に格調高く落ち着いた良い雰囲気です。

33、45、78の3スピードの切り替えが可能です。
低音・高音のトーンコントロールも付いており、
3個のスピーカーからはパワフルなサウンドを
響かせます。

Rxzwkuto394Bipz1401776754_1401776771[1]
f4EellikbYycQyO1401787451_1401787474[1]
オートチェンジャー機能の要となる
45回転のドーナツ盤用スピンドル

lFnCiwcPHHztZhO1401775974_1401775987[1]
針金やバネやギアを用いた機械仕掛けの
オートチェンジャー

6GotJQliMeTnrVU1401775768_1401775787[1]
3個のスピーカーが分厚い木製ボディを
共鳴させ迫力満点

XfFVJJ3fljMAmKl1401776643_1401776654[1]
高低独立したトーンコントロール

cYPUnOnxOUBgjEk1401775886_1401775901[1]
オリジナルのピックアップもまだまだ健在

h8FvCqD757YibZ_1401775684_1401775715[1]
Cs0Uh7zsE2kbZbL1401776091_1401776103[1]
大きな本体に見えるが、
ターンテーブル、アンプ、スピーカーが
無駄なスペース無くぴったり収まる

オートチェンジャー機能を使い、
カスケーズの
『悲しき雨音』(1963年)
アルバート・ハモンドの
『カリフォルニアの青い空』(1972年)、
J.D.サウザーの
『ユア・オンリー・ロンリー』(1979年)を
鑑賞しました。

耳に優しい、心地よいサウンドです。


[広告 ] VPS


FwgXTzr9HXtAPgn1402393293_1402393309[1]
カスケーズ『悲しき雨音』
アルバート・ハモンド『カリフォルニアの青い空』
J.D.サウザー『ユア・オンリー・ロンリー』
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク