ビクター ラジオ・エレクトローラ 1950年代

ビクターの
ラジオ・エレクトローラです。

OSh2NUkojlINSuE1401190183_1401190198[1]
LigaAKLHOWzkolj1401189861_1401189886[1]
ビクター
ラジオ・エレクトローラ

海賊の宝石箱のような木調の本体や
フロントのデザインが実にレトロで、
インテリアとしても楽しめます。

Gf6y2BOYbUdnTTP1401190238_1401190252[1]
円形のダイヤルエスカッションや
スピーカーネットの装飾は手が込んでいて、
高級機種だったと思われます。

SPuquCvzaAl1zn91401189934_1401189953[1]
入手した時すでに、トーンアームが
60年代の物に交換されていました。
オリジナルは鉄針用のがっしりした
茶色のトーンアームだったと思われます。

VeIjNTHr7Q5E0RN1401044748_1401044797[1]
1uAujvruSOg7sDO1401045047_1401045070[1]
真空管はGT管を使用しており
ラジオ・エレクトローラでは古いタイプ

VhKxyEDVj8h6D851401044891_1401044911[1]
スピーカーのエッジはボロボロ
スピーカーネットも汚れがひどい

内部清掃、スピーカーネットの洗浄、
スピーカーエッジの修理、
コンデンサーの交換、塗装など
必要最低限のメンテを行いましたが、
電子部品の劣化のため、
音質はなかなか改善しませんでした。

まあ、あまり深入りせず、
眺めて楽しむ電蓄と割り切りました。

パティ・ペイジの
『泪のワルツ』、『貴方は私のもの』(1952年)
を鑑賞しました。
60年前もこの電蓄で、
パティ・ペイジを聴いていたのかも知れません。


[広告 ] VPS


gzkZsht_fL_AL1D1401190058_1401190074[1]
ビクター
ラジオ・エレクトローラ

Jlbt9cE1_C0dadu1402393469_1402393489[1]
パティ・ペイジのSP盤
『泪のワルツ』『貴方は私のもの』
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク