三菱電機 ダイヤトーン たて形ミュージックセンター セットアップコンポX-10 1980年代

三菱電機 
ダイヤトーンの 
たて形ミュージックセンター、 
セットアップコンポX-10です。

7utFyv6rgPqbiN51395384250_1395384266[1]
codKmRXiirQJxcb1395384672_1395384683[1]
ダイヤトーン 
セットアップコンポX-10

メーカー推奨のスピーカー、
ダイヤトーンSS-11を入手したので、
さっそく組み合わせてみました。 

mWlxwVVkuNDr79M1395383885_1395383894[1]
ZVD0SgrvxBnERpO1395384412_1395384422[1]
たて形ミュージックセンターX-10と
ダイヤトーン・スピーカーSS-11
(2ウェイ・パッシブラジエータ方式)

高さも奥行もX-10に合わせてあり、
横にぴったり並べても威圧感が
ありません。

私はカウンターテーブルの上に置き、
結構近くで眺めながらレコード鑑賞
するのが好きです。

zfWZYf3qduqY_k_1395393580_1395393618[1]
好みのオーディオ機器を楽しむ
私の〝隠れ部屋〟

60年代から70年代の音楽シーンを飾った
黒人グループの楽曲を聴きたくなりました。

「ダイアナ・ロス シュープリームス
エクセレント20」より
『ストップ・イン・ザ・
ネーム・オブ・ラブ』(1965年)
『恋はあせらず』(1966年)、
「スリー・ディグリーズ&
フィラデルフィア・サウンド」より
『天使のささやき』(1974年)、
「セプテンバー/ベスト・オブ・
アース・ウインド&ファイアー」より
『宇宙のファンタジー』(1977年)
を鑑賞しました。

21歳のダイアナ・ロスの歌声が
キュートでポップです。


[広告 ] VPS


muf9vk0fhePPSUN1395384610_1395384621[1]
シュープリームス、スリー・ディグリーズ
アース・ウインド&ファイアーのアルバム
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

教えてください

はじめまして、いつも興味深く拝見させていただいております

いきなりの質問で申し訳ないのですが・・・

先日、X-10をヤフオクで落札しました
プレイヤー部分が機能しているのは珍しかったので喜んでいるのですが
レコード再生中、1周ごとに「コトン、 コトン」と小さい音がして
少し回転ムラがあり、音も少しビビっているように思います
ゴムを外してターンテーブルを回してみるとスムーズに回転しているようなのですが・・・モーターに原因があるのでしょうか?
それとも、軸なのか・・・?ベルトも現在市販のものでも大丈夫でしょうか?

不躾な質問ですみません。 もしなにか参考にさせていただければとおもい、コメントさせていただきました

X-10の置き場所など、拝見していると本当に羨ましいです!!

Re: 教えてください

電蓄好き様

ご質問になんとかお答えしようと思い、
私もX-10の裏蓋を外し、
色々シュミレーションしてみましたが、
元々ターンテーブルの軸やモーターは
かなり強固に固定されていますから、
容易にはがたついたりしませんね。

ターンテーブルのドラム周囲や
モーターの軸の方に溶けた古いゴムが
固着してはいませんか?
凹凸があればがたつきます。
輝く位に再度丁寧にアルコールなどで
清拭してみてください。

また、ターンテーブルのベルトは結構デリケートで、
X-10のベルトには一般的な二つ折り30センチの
ものでは緩過ぎるようです。
ドラムの全周より少し長い位が良いかと思います。
反対にきつ過ぎるとモーターに負荷がかかり、
回転が不安定になるようです。
通販などで何種類か求め一番合うものを使った方が、
回転数の調整もし易いと思います。

いずれにせよ年代物ですので、
ことに電気系統の不具合の場合は、
結局時間の無駄になるケースが多く、
いじらなければ良かったケースも
多々あります。

あまり深入りせず、
美しい外観を楽しむオブジェと割り切るのも
一つの鑑賞法ですね。

お役に立てず申し訳ありません。

No title

早速のアドバイスありがとうございます!!
モーター周辺を先ず確認してみます

本当にご丁寧なアドバイスをありがとうございます!!

電蓄好きの私ですが、品物が増えてばかりで、ろくに修理も出来ていない状態のものが部屋にゴロゴロしています(笑)
また、ご相談させていただきたいと思っているのですが、大丈夫でしょうか?

今後ともよろしくお願い致します
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク