コロムビア レコードプレーヤーSE-3 1970年代

コロムビアの 
レコードプレーヤーSE-3です。

7p6xzZqZz_yooBi1394341303_1394341321[1]
G9sJQyxtT1qvzOZ1394341219_1394341232[1]
コロムビア 
レコードプレーヤーSE-3

スイッチ付き音量調整ツマミのみの、
気持ちのいいシンプルさです。

回転が安定していて、
ノイズが少なく、
操作性が良ければ、
十分レコード鑑賞が楽しめます。

小さなアンプでも、
相性の良いスピーカーと組み合わせれば、
音割れせず聴き取りやすい、
ダイナミックなサウンドを響かせます。

まさに、シンプル・イズ・ベストです。

GmNLrlWciqXdtOy1394343483_1394343500[1]
広い空間が良い音を作る

シンプルなプレーヤーでは、
素朴で飾らない70年代のフォークを
聴きたくなります。

長野県(信州)出身のフォークグループ、
わさびーずの懐かしいLPを
ジャンクレコードの中から見つけました。

1974年の自主制作アルバム
「おらが所在はわさび村」より、
『どうしても信濃ゆき』
『木曽の花嫁さん』
『こんな所さ俺達の村』を鑑賞しました。

当時、わさびーずのメンバーが卒業した
高校の学園祭で、ミニコンサートが
開かれました。
上條恒彦以来の久々の地元出身者の
メジャーデビューということで、
私も見に行きました。
オリジナリティに溢れた温かな楽曲が
多く、今聴いても心癒されます。

私もその頃、友達とフォークグループ
こんじょーずを結成し、
高校の学園祭で歌っていました。
ブーイングに負けないこんじょーずです。
(笑)

フォーク全盛期、
これ程までにギターが売れた時代も
珍しいでしょう。


[広告 ] VPS


DlJTRvmgQyzyYYm1394341366_1394341377[1]
わさびーずのLP
「おらが所在はわさび村」

H0OySwfeVe4nPMi1394341035_1394341058[1]
コロムビア 
レコードプレーヤーSE-3

Nq15UAIfLdJA5kR1394668027_1394668550[1]
「カラスの城から 山を見る
 やっぱり心は 信濃路へ」
『どうしても信濃ゆき』の歌詞より
(お城がある松本市から北アルプスの
 美しい山々が見える様を歌っている)

オマケとして、
SE-3と同じパーツを使っている
ポータブルプレーヤーSE-8の
映像も載せておきます。

コロムビアの
「テレビまんがヒットシリーズ」より
『アタック№1』と、
『ひみつのアッコちゃん』、
『すきすきソング』を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


_7FoadoP8fckT3J1394661118_1394661130[1]
コロムビア
ポータブルプレーヤーSE-8
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わさびーずって「信濃の人は~お茶が好っき~♪」ってありませんでしたか? 県内では当時しょっちゅう聞いた気がします。
私も高校時代はフォークデュオやってたんです。
オリジナルもあったんですよ
またギター、買っちゃおうかな(*^_^*)

それと いつも思うのは、音質に加えて、音響が良いですね。
部屋の改造もしてますか?
30年以上前の音とは思えない明瞭さです。

コメントありがとうございます

kuriさま
最近録音に使っている部屋は16畳の洋室で、
天井を高くしてあるので割と音が反響し、
少しホール効果が出ています。

ほとんどがジャンクレコードなので、
傷の少ない曲を選んで再生しています。
前の所有者たちがよく聴いていた曲は、
大概ギーという無残な引っ掻き傷が付いていて、
針がジャンプすることもしばしば。

フォークデュオですか、
ちょっと聴いてみたいですね。
私は高2からロックバンドに転向してしまいました。
この頃はエレキギターもよく売れていましたね。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク