ビクター ステレオHiーFiプレーヤー 1960年代

ビクターの
ステレオHiーFiプレーヤーです。

木製キャビネットが高級感を
出しています。
フォノアンプとして、
1965年製のビクターオーディオラ
のアンプを使用しました。

オーディオラは2台所有しているので、
その内の1台から
アンプ部分を取り外し、
スケルトン状態にして
真空管を眺めて楽しんでいます。

正式な型式は、
『12球FM-AMラジオ付きパーフェクト
Hi-Fiステレオオーディオラ』
というそうで、
本当に素晴らしいアンプです。

低音がよくトーンコントロール
されていて、
スーパーウーファーなみの
重低音が響きます。
ついつい大きな音で
聴きたくなってしまいます。

プレーヤーも使い易く、
再生も安定しています。

中村晃子の
『虹色の湖』を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


ビクターステレオプレーヤーとオーディオラ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク