エジソン社 エジソン・ディスク・フォノグラフC-150 1915年製

エジソン社の
エジソン・ディスク・フォノグラフ
C-150です。

gneGEyISAm_8DAh1404588081_1404588100[1]
5FcgM2Q648it1HG1404588175_1404588200[1]
jbufoU1Msibli8n1404588419_1404588442[1]
エジソン・ディスク・フォノグラフ
C-150

縦振動で録音された、
エジソン・ダイヤモンド・ディスクを
入手しました。

42gwhi7OfXey9FA1383633641_1383633653[1]
上が縦振動で録音された
エジソンのダイヤモンドディスク
下が横振動で録音された通常のSP盤
厚さの違いに注目

ダイヤモンドディスクを再生する時は、
専用の再生装置(リプロデューサー)を
アームに取り付けます。

lPB9PkOnG3qIy3d1384060833_1384060849[1]
ra_VHa1GiY56ZHB1383633418_1383633439[1]
mbvjKfIFkVolk3w1383633555_1383633568[1]
縦振動で録音されたディスクを
再生するリプロデューサーには
ダイヤモンド針が付いている

ダイヤモンド・ディスクは
1912年頃から製造されたため、
円筒式のアンベロールレコードでも
同じ曲が録音されていたりします。
円盤式も円筒式も、縦振動のものは
やがて消えゆく運命をたどり、
横振動のSP盤にシェアを受け渡します。

『マイ・ヨコハマ・ガール
(My Yokohama Girl)』という
1917年のブロードウェイ・
ミュージカルから、
ハリー・ティアニーの楽曲です。
バリトン歌手アーサー・フィールズが
歌っています。
B面は、
『オー ジョニー ,オー ジョニー, オー
(oh Johnny,oh Johnny,oh)』(1917年)
エド・ローズとアベ・オルマンによる楽曲で、
エジソン・プリミア・カルテットが
歌っています。
後に、アンドリュー・シスターズが
カヴァーしヒットしています。

時代的に、どこかのんびりしていて
ちょっと牧歌的です。
日本もその頃(1917年)は大正6年、
ヨコハマ・ガールは天真爛漫な
ハイカラさんだったのかも
知れません。


[広告 ] VPS


もう一枚、さらに古いラブソングを
入手しました。
アグネス・キンボールのソプラノで
『キス・ワルツ(The kiss waltz)』、
エリザベス・スペンサーのソプラノで
『Silver threads among the gold』、
1913年のディスクです。

「私は年をとり、金髪の間に銀の糸を生やして
いるが、愛する人よ、あなたは私にとって、
常に若く美しい」
「年はとっても、愛し合う心は知っている」と歌う
『Silver threads among the gold』には、
大人の深い愛を感じます。
勉強になります。


[広告 ] VPS


_g6WQ2Gh1aJK3A91404588524_1404588552[1]
エジソン・ディスク・フォノグラフ
C-150

NijnRb89ch5OIeO1404588989_1404589012[1]
レコード袋は丈夫な厚紙で作られ、
楽曲の作者についての詳細な説明が
記載されている。
100年前の物とは思えない良好な保存状態。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

凄い!

分厚い縦振動ディスクは実際に見た事あるのですが、専用エンベロープは初めて見ました!
細かい字で情報がびっしり書き込まれてて、エジソンの真面目さが伝わってくるようです!

確かに100年前とは思えない状態の良さですね。

高価な宝石針より安価な鉄針を使い捨てするベルリナーの横振動ディスクを市場は選んだのでしょうね。

Re: 凄い!

じゅんいち様
100年前のアメリカの楽曲については
全く知識がありませんから、
レコードをオークションで入札する時、
タイトルに何か少しでも気になる言葉が
入っているものを選んでいます。
今回は「ヨコハマ」と「キスワルツ」です。
運良く、盤の状態が極めて良好で、
さらになかなかの名曲でした。
良い音質で記録でき、
私も満足しています。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク