コロムビア ラジオ付電蓄 RG-700 1952製 

コロムビアの
ラジオ付電蓄(RG-700)
1952製です。

90_w28a86Luz2KO1378621384_1378621396[1]
dTH2MaE59hX5B5K1378373332_1378373343[1]
4DOdlt4MqzFIaBg1378373271_1378373282[1]
コロムビア 
ラジオ付電蓄(RG-700)1952製

メンテ時に内部清掃や注油を
していますが、
部品はすべて60年前のままです。
ピックアップもオリジナルですから、
1952年当時と同じ音を聴いている
ことになります。
堂々たるサウンドに圧倒されます。

LLvHAvjHXRJVXDm1378372750_1378372769[1]
esycrYGOchl3fxS1378372899_1378372916[1]
NnsE953m9Tf3fTv1378373067_1378373078[1]

デザインを手がけたのは柳宗理です。
毎日新聞社主催、
第一回工業デザインコンクールで
第一席に輝やきました。
柳宗理にとっても
コロムビアにとっても、
記念すべき作品となりました。

柳宗理のデザインは限りなく美しく、
ハイセンスで、
ずっと眺めていたくなります。
全く古さを感じません。
ツマミ類の配置や形状も、
大変使い勝手が良く、
機能性も大切にしています。

DLcAxpYOg4DmKVT1378373133_1378373144[1]
4本の指でつまんだ通りの
形状になっているツマミ

XXbHfmeeq0jNRvF1378373389_1378373400[1]
本体背面に付けられた
金属製のプレートに
「毎日新聞 
工業デザインコンクール 一等作品
DESIGNED BY YANAGI 1952」
の記載

「懐かしのS盤アワー」
5枚目の「ハートブレイク・ホテル」
より、
エルヴィス・プレスリーが歌う
『今夜はひとりかい』(1960年)
を鑑賞しました。

エルヴィスの甘い声が、
RG-700の大きなボディに共鳴し、
力強く、
生き生きと蘇ります。


[広告 ] VPS


76ZLKvqnPfnfb1q1378449113_1378449145[1]
エルヴィス・プレスリーのレコード

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

 内部清掃や注油だけで故障もせずに維持できるのですね。
 質の高さに驚きます。
 デザインも音のよさも感嘆せずにいられません。手元にある平成生ま れのミニコンポの調子が悪いものですから、昭和の音響メーカー水準 の高さを感じます。それにしても1952年製とは....。
 S盤アワーも懐かしいです。

コメントありがとうございます

mikitaka08さま
この電蓄は本当に素晴らしい音で、私も感心しています。
それでもこの先何年維持できるか全く未知数で、
同じ時代の他の電蓄は、どんどん不調になっています。
年代物の宿命ですね。
縁あって私の手もとに来たのですから、これからも
日々磨き、撫で上げ、女房の次に可愛がってあげたいと
思います。(笑)

コメントありがとうございました。

No title

本家の柳コレクションより保存状態が良いというRG-700ですね。モダンな作りで今見てもかっこいいです。中がCDでもおかしくないもんね。
内部へのアクセスはちょっと厄介そうでメンテに苦労していそうな雰囲気です。動体保存に頭が下がります。

コメントありがとうございます

JackDさま
ボディの作りが実にしっかりしていて、
大きなスピーカーボックスのようです。
設置するスピーカーが最も良い音を
響かせる箱の大きさを決めてから、
柳宗理にデザインを依頼したのかも
知れませんね。
大きな本体を支える4本足の部分も、
他の電蓄では見られない丁寧な仕事を
していて驚きまさす。
作り手のプライドと熱意を感じる逸品です。

コメントありがとうございました。

No title

こんにちは
いやー 良い音してますね^^
一昨日あるアーティストのコンサートに行ってきたのですが
音が最悪で完全に某有名歌手の良さが殺されてました
席がPAの真ん前で、PA席に行って私が調整したかったです^^;

このコレクション、いつか見てみたいです
隠居したらコレクション館つくってください

コメントありがとうございます

kuriさま
プロに褒めて頂き、このプレーヤーも喜んでいると
思います。
私の所有している電蓄も、良好に作動する機種は
年々少なくなっています。みんなご老体です。
自宅はすでにコレクション館と化していて、
館長のネームプレートも(冗談で)作ってあります。
近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。(笑)

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク