シャープ デュアルプレイ・ディスク・ステレオ・プレーヤー RP-V4 1980年代

シャープの
デュアルプレイ・ディスク・
ステレオ・プレーヤー
RP-V4です。

9_mz4mwuXaUBpV51377257991_1377258013[1]
jUVHOzQhSa5bqr21377258060_1377258072[1]
シャープ・デュアルプレイ・ディスク・
ステレオ・プレーヤーRP-V4

シャープ自慢の両面自動再生、
縦型リニアシリーズ。
大きくて重いVZ-V2から、
両サイドのスピーカーや
カセットデッキ、
チューナーやアンプを外し、
小型軽量化したようなプレーヤーです。

私はこのプレーヤーを
ベッドサイドに置き、
小型のラジカセに接続して
カジュアルにレコード再生して
楽しんでいます。

lA7KuDRgmVMgI141377258179_1377258189[1]
東芝ラジカセ
ACTAS2800との組み合わせ


Zxh4waWOO5QFkrv1377258263_1377258273[1]

東芝ラジカセ・ACTAS2800 
ラジオ少年の好奇心をそそる

ダイレクト選曲機能はありませんが、
APSS(頭出し機能)が正確に作動し、
ボタンを押すだけで
次の曲や前の曲の頭に
針が移動するので、
LPで好きな曲を探す時に
とても重宝です。

QY8ddrQjxOBWJ5S1377258130_1377258141[1]
画面左上にB面用のカートリッジ、
右下にA面用カートリッジが見える。

ダイレクトドライブモーターや
アームのリニアトラッキング、
B面再生も極めて良好で、
とても出来の良い製品です。
オークションなどで見かけたら
是非おすすめします。

せっかくラジカセと接続したので、
『DJ海賊放送局 
THE RADIO IN '75』
という非売品レコードから、
愛川欣也、海援隊、小島一慶、
笑福亭鶴光、野沢那智、白石冬美、
糸井五郎、落合恵子、久米宏など
70年代に大活躍した
個性豊かなDJたちの
懐かしい声をお聴きください。

カセットテープに、
「JALミュージックツアー」での
小林克也の爽やかな声が
入っていたので、
ナショナルのラジカセ
MAC・GT(RQ-540)
で再生した映像も入れておきます。

x5XJsuAtH0H8Nyi1380777239_1380777251[1]
ナショナル
ラジカセMAC・GT(RQ-540)

q1pTVQey4IBqiHL1377383052_1377383069[1]
SEIKOのノベルティLP
「DJ海賊放送局 
THE RADIO IN '75」


[広告 ] VPS


おまけとして、
3年前にアップした映像も
載せておきます。
ソニーのラジカセ・
ジルバップCFS-V980との
組み合わせです。

NHKの「あまちゃん」や「紙の月」で、
薬師丸ひろ子と原田知世が難しい役を
好演していましたが、30年前の
「Wの悲劇」や「時をかける少女」の
頃のイメージをキープしていて
好感が持てました。

映画の主題歌となった
薬師丸ひろ子の『Woman』
(1984年)と
原田知世の『時をかける少女』
(1983年)を鑑賞しました。

この頃はまだミニDVで撮影しています。


[広告 ] VPS


PICT7942_convert_20100504103939[1]
RP-V4と
ソニー・ステレオジルバップ
CFS-V980
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

 なつかしい機器がとても面白く組み合わされていますね。
 1980年代を飾ったオーディオ機器が息を吹き返して、生き生きしていますね。

コメントありがとうございます

mikitaka08さま
DJ達の声も懐かしいですね。
もう40年近くの年月が流れています。
みんなおじいちゃんやおばあちゃんに
なっていますし、亡くなった人もいます。
アナログ機器はやっぱりタフですね。
私の方が、古いアナログ機器に励まされたり
元気をもらったりしています。(笑)

コメントありがとうございました。

No title

懐かしいDJたちの若き日の声(*^_^*)
地元では文化放送が入らなかったので
鶴光なんかはよく聞きました
那智さん、大好きでした。 冬美さんと一緒に聞こえてくる声は
とても数十年前のこととは思えませんね
糸井さんは、この頃すでに30年前が新人だったなんてね。
落合恵子さん、私DJになりたくて、中学の卒業文集には
DJ気分で自分のページを仕上げたんですよ
薬師丸ひろ子は弟が大ファンで部屋の壁から天井から
ポスター貼りまくりでした
WOMAN、練習しようっと (^_^)

コメントありがとうございます

kuriさま
この頃のラジオは本当に生き生きしていて、
テレビよりも面白かったかも知れませんね。
高校を卒業し東京で一人暮らしを始めた頃、
テレビもプレーヤーもなかったけれど、
兄からのおさがりのラジオで、
どれ程か楽しいひと時を過ごしたものです。
ラジオは家族でした。

ナチチャコや落合恵子、懐かしいですね。
私はラジオ番組「こんばんは、落合恵子です」で
洋楽の世界に入っていきました。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク