ナショナル マグナファックス 8F-14 1960年代

ナショナルの
マグナファックス
8F-14です。

Wk9eOmE43XMSnL71376202819_1376202834[1]

RtUyi1OCVVkgPKL1376203038_1376203048[1]

Vp02gar0NOHLspv1376203082_1376203094[1]

ナショナル 
マグナファックス8F-14

通常のレコード再生に加え、
専用の磁気ディスクを用い、
テープレコーダーのように
録音・再生が可能な
〝優れモノ〟の電蓄です。

ビクターはひとつの機種しか
作っていませんが、
ナショナルは色々な機種を取り揃え、
さらに同一機種の色違いまで
製作しています。

aRgmVkiHwuUpgeU1376611779_1376611805[1]
種類の異なるナショナルの
マグナファックス 
8F-14(左上) 7F-12(右上) 
7F-16(手前)

nnK8SCTz8sctbUT1376202916_1376202948[1]
色違いの8F-14

磁気録音実験は
「ナショナルマグナファックス」で
グーグル検索できます。
今回は通常の電蓄として
レコード鑑賞しました。

SP盤で、
李香蘭(山口淑子)の
『夜来香(イェライシャン)』(1950年)、
津村謙の『上海帰りのリル』(1951年)、
LPで、
渡辺はま子の『蘇州夜曲』(1940年)、
そしてソノシートで、
東海林太郎の
『麦と兵隊』(1938年)です。

『麦と兵隊』は私の父が持っていた
ソノシートです。

父は学徒動員で北海道に行きましたが、
終戦となり出征を免れました。
戦争の話はほとんどしたことが
ありませんが、
小学生の私に『麦と兵隊』の歌詞の
内容について話してくれたことが
ありました。

エキゾチックなラブソング、
大ヒットした歌謡曲、
名曲として歌われ続ける軍歌。
その背景にある日中戦争を
想いながら聴くと、
一枚のレコードの重みが
変わってきます。

戦争を知らない世代の私ですが、
年に一回でも、
この時期くらいは、
映画や記録写真などを観て、
戦争をしていた頃の日本を
忘れないようにしたいと思います。

CSで撮り溜めしていた
岡本喜八監督作品、
『血と砂』、
『激動の昭和史 沖縄決戦』、
『日本のいちばん長い日』を観ました。


[広告 ] VPS


磁気ディスクを用いた、
ナショナル・マグナファックス
7F-16での
録音実験の映像も載せておきます。


[広告 ] VPS


coe7Rp8ZKLYm5uW1376203186_1376203197[1]
SP盤 李香蘭(山口淑子)の
『夜来香(イェライシャン)』(左)
津村謙の『上海帰りのリル』(右)

iGAFb1TfZKurFtf1376203229_1376203239[1]
軍歌のソノシート『日本軍歌集』

41xUzbS86tM1wTY1376615313_1376615353[1]
ソノシート『日本軍歌集』より

W0b0bdZwMVf456j1376203136_1376203145[1]
ナショナル 
マグナファックス8F-14




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

 『夜来香(イェライシャン)』を聴かせていただきました。SP盤を聴くことができるのすね。専用の磁気ディスクとは何なのかよくわかりませんが、このような機種もあったのですね。
 今夜はkeiaiさんの記事のおかげで私も父がよく歌っていた『上海帰りのリル』を思い出しました。

No title

8F-14はパっと見、質実剛健というかあんまりナショナルっぽくないデザインですね。ビクターのやつみたいにピンクとは言わないけどちょっと派手な色でもマテリアルで使ってれば印象も変わるんですが…。

50年ほど前の機器ですが安定して使えるのはメンテの賜物です。すばらしい~。

コメントありがとうございます

JackDさま
おっしゃる通り、デザイン的にはそれほどインパクトは
ありませんね。
ただ、木製ボディががっしりしていて重さもあり、
音質的には落ち着いた良いサウンドです。
それでも、電子部品の劣化が年々進行していることを、
アップする度実感します。
我が身を見るようです。(笑)

コメントありがとうございました。

コメントありがとうございます

mikitaka08さま
磁気ディスクというのは、ソノシートのような
ペラペラの薄いフィルムの表面に鉄粉をコーティングした
ディスクで、丁度テープレコーダーのテープを円盤状に
加工したものです。
このディスクには、レコードのような細い一本の溝が刻まれており、
その溝にテープレコーダーのヘッドにあたる細い
録音・再生チップが接し、音声を記録します。
消磁器により録音した音声は消去できるので、
何回も録音・再生を繰り返すことができます。
また、ディスクのどこからでも録音・再生が可能です。
歌の練習や英会話の学習など、色々使えますね。

以前アップした7F-16の映像を載せておきます。
外部入力での録音実験です。
コメントありがとうございました。

No title

こんにちは

ぴかぴかに輝くマグナファックス、日中戦争をキーワードに選ばれたレコード、そして何より動画があることに、keiaiさんのオーディオに対する
並々ならぬ愛情を感じました。

これからも頑張ってください!

コメントありがとうございます

junaiさま
励ましのお言葉、ありがとうございます。

戦争は過去のことではなく、
いつの時代でも、何かをきっかけに変わってしまう
危うさを持っていることを、忘れてはいけませんね。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク