ケンウッド ダイレクト・ドライブ・プレーヤー KP-07 1980年代

ケンウッドの
ダイレクト・ドライブ・プレーヤー
KP-07です。

dpc8JPC0SNMgD9l1374359046_1374359066[1]
hoQEFacuHFuDeuS1374359615_1374359628[1]
ケンウッド 
ダイレクト・ドライブ・プレーヤー
KP-07

マイクロ精機とのコラボで、
両社の得意技を見事に融合し、
個性的でユニークな製品に
仕上げています。

防振設計されており、
2.5kgのアルミダイキャスト・
ターンテーブルが音も無く
動き始めると、
ワウ・フラッター0.01%、
SN比80dbを可能にします。

3OeZYeAY2JY2Mw41374377808_1374377827[1]
2.5kgのアルミダイキャスト・
ターンテーブル

B8GnRS_QmZCJq7x1374377872_1374377885[1]
意外に内部はスッキリしていて
風通し良好

ケンウッドのアンプA-5Jや
グラフィック・イコライザーGE-5J
などと組み合わせて楽しんでいます。

景気の良い時代に作られた製品は、
やはりどこかに余裕が感じられ、
美的で高品質です。

qvLI_DaANBKIrBW1374359136_1374359160[1]
y8BP1j4G0s1wspA1374359529_1374359572[1]
Z7BUwshSVGYaIdf1374359348_1374359384[1]
グラフィック・イコライザーGE-5J 
CDプレーヤーDP-7J
ステレオアンプA-5Jとの組み合わせ
高品質なバブルコンポ

きっとこのプレーヤーでも
聴いたであろう80年代のヒット曲を
再生してみました。

ドーナツ盤で、
レベッカの『フレンズ』(1985年)、
渡辺美里の『My Revolution』
(1986年)、そして
小比類巻かほるの『Hold On Me』
(1987年)、

さらにLPでヴァン・ヘイレンのアルバム
「1984」より
『ジャンプ』(1984年)を鑑賞しました。

アイドルだけでなく、
Jポップでも女性が元気な時代でした。
みんなが
ジャンプしていたような気がします。


[広告 ] VPS


AMpviEoXea8y8411374359673_1374359685[1]
レベッカ『フレンズ』 
渡辺美里
『マイ・レヴォリューション』
小比類巻かほる『Hold On Me』

1984
ヴァン・ヘイレン「1984」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます

 このプレーヤーは雑誌で見たことがありますが、
 現物を初めて見せていただきました。
 デザインが素敵ですね。
 マイクロとの共同製作とのことですが、当時の音響メーカーの勢いが 感じられます。

コメントありがとうございます

mikitaka08さま
ちょっとだけハイエンド・オーディオ機器を
イメージさせてくれる、斬新なデザインですね。
実際にはかなり小振りで、見た目ほど重くありません。
女性でも簡単に持ち上がります。
要するにセット物のコンポぼプレーヤーということです。
ケンウッドのグライコもカッコ良く、
眺めて楽しいオーディオ機器です。
絶対に小型のデジタルオーディオ機器では味わえない、
ちょっと贅沢なひと時が楽しめますね。

コメントありがとうございました。
熱中症にご注意を。
そちらは大雨のご注意をかな・・・。

No title

毎日暑いですねえ~。
特徴的な脚が魅力的で記憶に残ってます。蓋がターンテーブル部だけってのもすごいなあ。

世界的な嫌煙傾向の現代ではありえないジャケットですねえ、1984。映画のジャケットなんかだと補正してタバコだけ消しちゃったりしてますんで、まだ当時の絵柄で発売されてる音楽の方が懐が深いのかな。

コメントありがとうございます

JackDさま
まさに猛暑ですね。
昨日は一番暑い時間に外にいたのですが、
大袈裟ではなく本当に生命の危険を感じる暑さでした。

確かに、特徴的な形態やユニークなデザインは
記憶に残りますね。
今でもあまり古さを感じません。
シンプルで機能的にも使いやすいです。
いい仕事してます。

コメントありがとうございました。




プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク