コロムビア グラモフォン・カンパニー ディクタフォン シェービング・マシン 1920年代

コロムビア
グラモフォン・カンパニーの
ディクタフォン・
シェービング・マシンです。

JaW_tbMJKT_NgMX1372155189_1372155258[1]
Bb6OE9X4H7lloC01372155346_1372155358[1]
ディクタフォン・シェービング・マシン

ロウ管式蓄音機や口述筆記用録音機
(エディフォンやディクタフォン)
で使用した録音済のロウ管を
ブランクにするために、
ロウ管表面をシェービングする
機械です。

92qUmNKyUNd_MJ_1372155425_1372155438[1]
ディクタフォン用の長いロウ管や、
エジソン・スタンダード・
フォノグラフ用の
短いロウ管もシェービングできる。

本来は、しっかりした木製の台と
セットになっているのですが、
上部のカッター部分のみ
海外のオークションに
出品されていました。

輸入の場合、
モーターの入った大きな木製の台が
送料を高くしてしまうので、
実は願ったり叶ったりで、
カッター部分のみの出品を
4年位ずっと待っていました。

モーターが無けれは
当然作動しませんから、
完全なジャンク品となり、
とても安価で入手できました。

当初、自作の台に
電蓄のモーターでも取り付けて、
ちょっと見栄え良く工作しようかとも
考えましたが、
直ぐに安易な方法を
思いついてしまいました。

電動ドリルをモーター代わりに
使う方法です。 

電動ドリルの先にプーリーを付け、
シェービングマシンの駆動ドラムと
ゴムベルトでつなぐだけです。
そう頻繁にシェービング
するわけではないので、
必要な時にセッティングすればよく、
場所も取らず、清掃もしやすく、
これで十分事足ります。
(動画参照)

カッターの状態も良く、
綺麗にシェービングできました。
例によって、
ディクタフォンで録音実験してみました。
今回は、肉声を吹き込む代わりに、
送話口に小型スピーカーを押し当て、
ノリの良い音楽を録音してみました。

以前アップした映像は
「浪漫紀行 ディクタフォン 
10XタイプA」
でグーグル検索できます。

6C2KkrHgEezrt211372309271_1372309283[1]
ディクタフォン10XタイプA 
90歳ですが、
まだまだ元気に作動します。

AolbkTkrmcxmc4I1372309164_1372309184[1]
送話口に小型スピーカーを
押し当て録音。
小型スピーカーと
PCのイヤホンジャックの間に、
100均の小型アンプを介在させ音声増幅。

1985年公開のアメリカ映画
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の
クライマックスに、主人公マーティが
学園祭のダンスパーティーで
チャック・バリーをまねてギターを
演奏しながら『ジョニーB・グッド』を
歌うシーンがありました。

マーティことマイケル・J・フォックス
が歌う『ジョニーB・グッド』を
You Tubeからダウンロードし、
ロウ管録音の音源に使ってみました。

音量調整が難しく、
見事に音割れしていますが、
大音量でギターを弾くのが大好きな
マーティらしいとも言えます。(笑)
まあ、あくまでも実験です。
やはり口述筆記用のため、
静かな録音の方が適しているようです。

マーティが1920年代に
タイムトラベルして、
ディクタフォンの前で
嬉しそうに歌っている姿が
見えたような気がしました。


[広告 ] VPS


pTW6C1raRtHYacZ1372321425_1372321530[1]
『ジョニーB・グッド』を演奏する
マーティ(マイケル・J・フォックス)
「THE COMPLETE TAILOGY
BACK TO THE FUTURE」より

Jqv64lsQBO_h0Wj1372360853_1372360923[1]
ちなみにDVDをゆっくり観ていると、
科学者エメット・ドク・ブラウン
(クリストファー・ロイド)が額入りの
エジソンの写真に向かって
自問自答するシーンがあり、
ドクがエジソンを敬愛
していたことが分かります。

バック・トゥ・ザ・フューチャー2
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
のLD、DVD

USJ.jpg
デロリアンの前で記念撮影 
2013年6月 
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やたらに音が大き過ぎる!はい、次の人。

さておき。必要は発明の母とはいいますが電動ドリルでなんとかなっちゃうのはすばらしいです~。

去年の暮れにドク役のクリストファー・ロイドがイベントで20年ぶりぐらいで来日しましたね。シャイな人らしいですよ。テレビ朝日吹き替え版(マーティ・三ツ矢雄二/ドク・穂積隆信)が好きですね。

コメントありがとうございます

JackDさま
> やたらに音が大き過ぎる!はい、次の人。
オーディションの時の拡声器を持った呆れ顔の先生は、
「パワー・オブ・ラヴ」の楽曲を提供したヒューイ・ルイスが
特別出演していたことを、DVDの特典映像で知りました。
結構いい味出してましたよね。

>電動ドリルでなんとかなっちゃうのはすばらしいです~。
お褒めいただき光栄です。
実は電蓄のモーターも試したのですが、ロウ管をカッターで
削ぎ取る時の負荷が大きく、回転数が直ぐに落ちてうまく
シェービングできませんでした。
かなり強力なパワーが必要と判断し、電動モーターにたどり着き
ました。
我ながら名案でした。(笑)

> テレビ朝日吹き替え版(マーティ・三ツ矢雄二/ドク・穂積隆信)が好きですね。
おしゃる通り、あの吹き替えは最高でした。
ちょっとアニメ的でしたが、聴き取りやすく生き生きしていて、
映画のテンポにもよく合っていましたね。

タイムトラベル物って、有り得ないと分かっていても、
引き込まれてしまいます。
コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク