ビクター パーフェクト・Hi-Fi ステレオ・オーディオラ STL-661C 1965年製

ビクターの
12球FM/AMラジオ付パーフェクト・
Hi-Fi・ステレオ・オーディオラ・
STL-661C、
1965年製です。

ビクター オーディオラSTL-661C
ビクター Hi-Fi ステレオ・オーディオラ STL-661C
ビクター12球FM/AMラジオ付
パーフェクト・Hi-Fi・ステレオ・
オーディオラ・
STL-661C  

漆器のような鏡面仕上げが
とても美しく、
落ち着いた金色の装飾が
なんとも雅です。
和室に置いても洋室に置いても、
格調高く鎮座し、その存在感は
広い部屋ほど逆に
大きくなっていきます。

オーディオラ 縦 全景
美しい鏡面仕上げの天板 
装飾も実に丁寧で無駄がない
テーブルや椅子や棚などと共に、
部屋の家具のひとつになる

30×20cmの大きな楕円スピーカーを含む
6スピーカーシステムで、
音割れしない
迫力あるサウンドを楽しめます。

ビクター オーディオラ STL-661C 1965年
6個のスピーカーが
パワフルなサウンドを響かせる

オーディオラのスピーカー
密閉型のスピーカーボックス
スプリングを使ったエコー装置が内蔵

オートチェンジャー機能付で
連続再生可能です。
自動演奏用のスピンドルは
簡単に外すことができ、
手動演奏用に交換できます。
オリジナルのステレオ・クリスタル・
ピックアップも大変状態が良く、
まだまだ十分現役です。

ビクター Hi-Fi ステレオ オーディオラ STL-661C
開閉扉を開けると
操作パネルもゴールドに輝き、
思わず合掌したくなります

オーディオラ内部
12本の真空管を使用している
オーディオラ内部

まさ昭和の電蓄の集大成、
名前の通り
「パーフェクト・Hi-Fi・ステレオ」
です。

ビクターのエンブレムも黄金の輝きです。

エンブレム

レコードもこの時代を代表する
三人娘を選びました。
奥村チヨの『恋の奴隷』(1969年)、
小川知子の『ゆうべの秘密』(1968年)、
そして
黛ジュンの『雲にのりたい』(1969年)
を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


ビクター Hi-Fi ステレオ・オーディオラSTL-661C 1965年製
ビクター12球FM/AMラジオ付
パーフェクト・Hi-Fi・ステレオ・
オーディオラ・
STL-661C

奥村チヨ 小川知子 黛ジュン
奥村チヨ、小川知子、黛ジュンの
EP盤ジャケット
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

クリアーで聞きやすい音質ですね。時代をまったく感じさせません。ちょっとびっくりです。FMも(SUZUKI Talking F.M.ですよね?)しっかり受信していますし、正に現役マシーン。脚が時代を感じさせるデザインですがw

コメントありがとうございます

JackDさま
本当に、この機器が製造からまもなく50年になろうとしていることに
改めて驚かされます。
やっぱり当時の最高峰の機器は違いますね。
この頃の「ものづくり日本」の底力を感じます。
コメントありがとうございました。

まだまだ十分現役

こんばんは


 1965年製ビクターステレオ。素晴らしいですね。
 実家にあった1966年製パイオニアのステレオを捨てたことを後悔しています。
 当時の家電メーカーがしのぎを削ってモノ作りに取り組んだ結果、50年たってもこのように素晴らしく働いているのですから。
あらためて keiai さんの姿勢に脱帽です。
 

Re: まだまだ十分現役

mikitaka08さま
お褒めいただき嬉しく思います。
やはり、この大きさ、重さでないと、
絶対に出せない音質があるんでしょうね。
生で聴くと空気の震えを肌で感じます。
本当に品質の高さを実感します。

これからもメンテしながら大切にしたいと
思います。
コメントありがとうございました。













懐かしい

この機種の、自動裏返し機能無しの奴が、永らく自宅に有りました。外観はこらと全く同じ。
当時は古臭いデザインだな…と思ってましたが、今見ると何とも懐かしく、通りすがりですが思わず書き込んでしまいました。
確か回転数が33と45だけではなく、16や78も有るのが当時不思議でした。78はSP盤対応としても、16って何なんでしょう?

Re: 懐かしい

ぢゃいあん様

初めまして。
コメントありがとうございます。

当時、実際に使用していた方から
「懐かしい」と言っていただけるのが、
一番嬉しいです。

新旧様々な機器をメンテし、
懐かしい音楽を楽しんでいます。
時々覗いて見てください(笑)。

ちなみに16回転レコードは、
“長時間再生レコード”で、
16回転のスロースピードで
LPサイズに長時間録音しています。

ダンスやクラシックなどの他、
聖書の朗読なんてのもあります。
音質もまあまあです。
日本ではほとんど見つからない
“幻のレコード”です(笑)。

参考までに私の所有しているものを
紹介します。

http://keiai1515.blog51.fc2.com/blog-entry-346.html

それでは、また。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク