ビクター 3スピード・レコードプレーヤーRP-305 1950年代

ビクターの
3スピード・レコードプレーヤー
RP-305です。

繝励Λ繧ケ繝√ャ繧ッ繧ォ繝舌・_convert_20130411051352
ビクター3スピードプレーヤー R-305 
ビクター 3スピード・
レコードプレーヤーRP-305

3スピードとは、
SP盤用の78回転とEP盤用の45回転、
そしてLP用の33回転のことです。

カートリッジの上下にSP盤用と
EP盤用の針が付いていて、
180度回転させてそれぞれを使う
タイプが一般的ですが、
このRPー305は、
つけまつげのようにカーブを描いた
硬い金属の芯棒に、
それぞれの針が一列に並んで付けられ、
トーンアーム上部のスライドツマミを
移動することで、
針や角度が変えられるようになっています。

RP-305の針先
SP盤用の針(左)と
EP盤用の針(右)が一列に並ぶ

木製キャビネットの
落ち着いた雰囲気と、
プラスチックのモダンな雰囲気が
うまく融合し、
シンプルなデザインでも
見る者を飽きさせません。

オリジナルのピックアップは
大変状態が良く、
モーターの回転も安定しています。
60年の時間を感じさせない、
素晴らしい品質です。

ビクター真空管ラジオとの組み合わせ
レコード再生時はラジオのアンプで音声出力

アンプやスピーカーを
内蔵していませんので、
フォノ端子の付いたラジオと
接続します。
1957年製のビクターの
真空管ラジオR-2201型を
使用しました。

このR-2201型も、
木製キャビネットが美しく、
デザイン的にも全く古さを感じません。
さらに、ラジオの感度も良好で、
ノイズの少ない
温かな心地良い音を聴かせてくれます。

ビクター真空管ラジオ R-2201
木製キャビネットが美しい
ビクターの真空管ラジオ
R-2201型(1957年製)

倍賞千恵子の『下町の太陽』(1962年)、
園まりの『逢いたくて逢いたくて』
(1966年)、
和田弘とマヒナ・スターズ
&田代美代子の
『愛して愛して愛しちゃったのよ』
(1965年)
を鑑賞しました。


[広告 ] VPS


倍賞千恵子 園まり マヒナ・スターズ&田代美代子
倍賞千恵子 園まり 
マヒナ・スターズのEP盤

ビクターラジオ 小鳩くるみ 当時物チラシ
小鳩くるみがポーズをとる
ビクターラジオのチラシ
(当時モノ)

さて、60年代のヒット曲を
聴いているうちに、
懐かしいメロディを
電波に乗せて飛ばし、
このラジオで受信してみたく
なりました。

古いラジオはほとんどAMなので、
必要になるのが
AMトランスミッターです。

FMトランスミッターは、
小型のMP3プレーヤーにも
内蔵されていて、
車のFMに飛ばしカーステレオで
楽しんだりしますが、
AMトランスミッターは
電波法の問題か音質の問題か、
国内では製品をほとんど見かけません。

仕方なく海外のキットを輸入し、
組み立ててみました。

AMトランスミッター パーツ
RAMSEY AMトランスミッターAM1C 
結構安価で購入可能

ハンダ付け完了時
ハンダ付け完了時 
コンデンサーが小さく紛失注意

AMトランスミッター 完成
AMトランスミッター完成時 
なかなかいい感じの仕上がり 

AMトランスミッター使用
MP3プレーヤーの
イヤホンジャックと接続し
AMトランスミッターで飛ばす

輸入キットは当然マニュアルも英語で、
久々に英和辞書を開きました。
結構注意事項が多いので、
やはり一応読んでから
組立たて方が安心です。
「Frequency」という
単語すら忘れていて、
情けなくなりましたが・・・。
(正解は「周波数」)

実験してみると小さなアンテナでも、
2メートル位はまあまあの音質で
飛ばすことができます。
これなら電波法に
ひっかからないでしょう。

聴き慣れたデジタルサウンドが、
一気にレトロに変わります。

これは意外に最先端だったりして・・・。
(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レコードプレーヤーをラジオにつなぐ、いいですね。それにしてもこのビクターラジオとてもデザインがいいですね。木枠とプラスチックがマッチしています。

コメントありがとうございます

mikitaka08さま
本当に、木枠とプラスチックを上手に
使っていますね。
きっと、タンスの上などにラジオと並べて置き、
日常的にラジオやレコードを楽しんでいたのでしょう。
どちらも清潔感があり、都会的ですね。
私は、このラジオを書斎のテーブルに置いていますが、
実に良い雰囲気です。

コメントありがとうございました。

No title

RP-305はモダンな雰囲気がかっこいいですね。どんな部屋の内装にも合う感じです。回転も安定していて実用性もばっちりです。

二本立てwの後半は真空管ラジオ。keiaiさんの御宅の部屋にバッチリあっていますね。たしかにAMトランスミッターってあんまり聞かないです。音質がFMにかなわないからだと記憶しています。

コメントありがとうございます

JackDさま
当時のピックアップですがなかなかの音質で驚きます。
このピックアップは、以前紹介したオートチェンジャー
プレーヤーRCAビクター45-EYと同じです。
高品質ですね。

AMトランスミッターは、私もわざわざ音質を下げて飛ばす
意味があるのかなと思いつつ作製しましたが、これが意外に
古いラジオに良く合い、AMラジオで聴く分には十分な音質でした。
ラジオのアンプにMP3プレーヤーを直結するより、
オシャレです。(笑)
コメントありがとうございました。

追伸
兄(広義)がレギュラー出演している『金曜オトナイト』、
12日放送分が中国サイト経由でアップされていました。
消去される前にお知らせします。
http://youtubeowaraitv.blog32.fc2.com/blog-entry-28500.html
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク