ガイズ マルチ・オーディオ・プレーヤー ファルティマ010 2000年代

ガイズ株式会社の
マルチ・オーディオ・プレーヤー
FALTIMA(ファルティマ)010です。

マルチ・オーディオ・プレーヤー  
マルチ・オーディオ・プレーヤー 
FALTIMA(ファルティマ)010

輸出用なのかワケありか、
全面に「KIZUNA KXA-RDC711」
という名前が印記され、
「FALTIMA010」という
生産時の名前が見あたりません。
まあ、よくあることです。

SDカードやUSBメモリーに
レコードの音声をデジタル録音可能で、
CDやFM/AMラジオも付いています。
とてもコンパクトにまとめ、
軽量で片手で持ち上がります。
デザイン的にも機能的にも
なかなかのものです。

スピーカー欠品で本体のみ
ジャンク品としてオークションに
出品されていましたが、
あまりにも汚い掲載写真のせいか
長く無視されていました。
電子部品不良のジャンク品は
お手上げですが、
ちょっと内部を見てみたい
誘惑に負けて手を出してしまいました。

 内部  
基板はシンプルにまとめられています

ところが清掃し磨き上げると、
意外にも全て正常作動しました。
但しデジタル録音に関しては、
きゃしゃなトーンアームや
プラスチック製のターンテーブルが、
モーターの微妙な回転振動を遮断できず、
少々余計なノイズを拾ってします。
やはり手持ちのレコードを最大限
良い状態でデジタル記録したいなら、
きちんと防振設計された
プレーヤーで再生し、
それをハードディスク内蔵の
コンポにでも取り込んでから、
SDカードに出力した方が安心です。

トーンコントロールが無く、
レコード再生時はやや低音不足を
感じますが、
BGM感覚で聴くには十分でしょう。
SDカードでの再生音はバランス良く、
低音もしっかり出ていました。
本機を、SDカード再生機として
好みの小型スピーカーと組み合わせ、
カジュアルに使うのが良いかも
知れません。

マルチ・オーディオ・プレーヤーで
再生するのは、
他の歌手の色々なヒット曲を
見事にサラッと歌ってしまう、
マルチな才能を持つ
アイドル・麻丘めぐみ。

20歳頃のアルバム、
「麻丘めぐみ 
ベスト・コレクション'75」から
『あなたならどうする』
(いしだあゆみ 70年)
『ブルー・ライト・ヨコハマ』
(いしだあゆみ 68年)
『逃避行』
(麻生よう子 74年)
そして
『グッド・バイ・マイ・ラブ』
(アン・ルイス 74年)
を鑑賞しました。

また、SDカード再生で、
これまたマルチなものまね女王・
荒牧陽子の歌声を
少し聴いてみました。

二人共、
十分ディナーショーで
食べていけそうです。


[広告 ] VPS


KIZUNA KXA-RDC711
好みのスピーカーとの組み合わせ

麻丘めぐみのLP
麻丘めぐみのLP 
本当に「さわやか」です(72年)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしい歌謡曲
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ガイズ マルチ・オー】

ガイズ株式会社のマルチ・オーディオ・プレーヤーFALTIMA(ファルティマ)010です。  マルチ・オーディ

コメントの投稿

非公開コメント

懐かし〜

懐かしいな〜
私の彼は左利き(息子も左利き)
百恵ちゃんも昌子ちゃんも大好き

Re: 懐かし〜

弁当母さん
いつの時代も、アイドルたちはキラキラ輝き、
私たちを〝元気〟にしてくれますね。
弁当母さんの元気の源、若さの源は〝嵐〟ですね。
コメントありがとうございました。

No title

FaltimaどころかGais社も知らなかったものでググったらガイズ株式会社のファルティマって同名のパネルヒーターしかヒットしない…。
内部構造は80年代あたりのプレーヤーとあんま変わらないような…。デジタル録音・再生の部分は小型化してるので目立たないんでしょうね。スピーカーが欠品とのことですがSONYのこれでも違和感がないですw。

麻丘めぐみさんがカバーアルバムを出してたことも知りませんでした。

コメントありがとうございます

JackDさま
このファルティマ010は、もう生産終了になっているようです。
ファルティマ010は3スピードで78回転のSP盤も再生できるのですが、
このKIZUNAの方は一つ回路を外し、2スピードに変更されています。
ちょっとだけ仕様を変えて、別の機種として在庫整理したのかも
知れませんね。

それにしても、調子に乗ってSDカードにどんどん録音していくと、
特定の曲だけ聴きたい時、探すのにとても時間がかかり、
見つからないこともあります。
便利なようで結構不便なものですね。
コメントありがとうございました。

めぐみさんの状況

こんにちは。
麻丘めぐみさん、シンシアと同様に70年代絶頂期のアイドル歌手の一人でもあり、ヘアースタイルも「女の子なんだもん」あたりから見られた姫カットが彼女にして、最大のトレードマークでもあり、一見、かぐや姫にも見えたかのようなものでした。

しかしながら、1974年の日劇ワンマンショーで転落事故に遭って以降はそのヘアースタイルをやめ、縦巻きカールのストレートヘアーになり、1977年の結婚&一時引退直前前までそのヘアースタイルを維持していたそうです。

ここで取り上げていた楽曲当時は縦巻きカールのストレートヘアーのものですが、この当時はアイドルではなく、大人のシンガーとしてのめぐみさんであり、そのルーツは前年の「白い部屋」あたりから来ています。





Re: めぐみさんの状況

シノピー様

コメントありがとうございます。

麻丘めぐみのヘアスタイルは
清楚で魅力的でしたね。
それに加え、
あのミニのワンピースは
インパクトがありました。
この頃はミニスカートが大流行していて、
若い女性だけでなく、
おばさんまでミニをはいていたことを
よく記憶しています。

皆、新しいもの、
オシャレなものに憧れて、
流行に乗り遅れまいと
一生懸命になっていました。
他人と同じでも全く気にしない、
おもしろい時代でした(笑)。

それにしても、
この頃のアイドルは
みんな歌がうまかったですね。

返答

こんばんは。

麻丘めぐみのヘアスタイルは
清楚で魅力的でしたね。
それに加え、
あのミニのワンピースは
インパクトがありました。
この頃はミニスカートが大流行していて、
若い女性だけでなく、
おばさんまでミニをはいていたことを
よく記憶しています。

まるで当時の若手女性バスガイドのようなスタイルですね。
めぐみさんはその職業になったような雰囲気感があります。

皆、新しいもの、
オシャレなものに憧れて、
流行に乗り遅れまいと
一生懸命になっていました。
他人と同じでも全く気にしない、
おもしろい時代でした(笑)。

自分は学生時代に黒ものに凝っていました。

それにしても、
この頃のアイドルは
みんな歌がうまかったですね。

そうですね。
何一つ、小柳ルミ子さんやチェリッシュの悦ちゃん、そして天地真理さん、本田路津子さん、森山良子さんのハイトーンボイス組はまさに魅力感もあるなか、特にルミ子さんは宝塚音楽学校出身生でもあって、
その影響からかと。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク