エジソン・スタンダード・フォノグラフ(エジソン蓄音機) 1903年製 

エジソン・スタンダード・
フォノグラフ(エジソン蓄音機)
A型、1903年製です。

貴重なブランクのロウ管を入手したので、
早速録音実験をしてみました。
録音装置(エジソン・レコーダー)は
所有していたのですが、
なかなか2分のブランクロウ管が
入手できず、
録音はずっと保留になっていました。

エジソン・レコーダー(録音装置)
エジソン蓄音機用録音装置
エジソン・レコーダー

録音用ブランクロウ管(2分用)
録音用のブランクロウ管(2分用)

録音用のダイアモンド針とロウ管
録音用のダイヤモンド針とロウ管

録音時は
エジソン・レコーダーを用いますが、
再生時は再生装置(リプロデューサー)に
交換しないといけません。
一台で行う場合は、
その都度ラッパも外さなければならず、
大きなラッパだと結構手間です。


戦いの歌を吹き込むインディアンの勇士
「LIFE ライフ/人間と科学シリーズ 
音と聴覚」
(タイムライブックス日本語版)に、
大きなラッパに向かって
戦いの歌を吹き込んでいる
インディアンの古い写真が
載っていました。

写真の蓄音機は、
電気モーターで稼働する
タイプのようですが、
大きな蓄電池が写っていたので、
宣伝を兼ねてあちこち出張して、
色々な音を録音していたのかも
知れません。
まさに録音実験という感じの写真です。

私も、この写真のように
大きなラッパで吹き込みたいと
思いました。

録音実験は、
例のごとく「寅さんの口上」です。
ロウ管が2分用なので、
口上も短縮バージョンで録音しました。
100年前にタイムスリップして
録音しているような、
ちょっと不思議な体験でした。
  
「音を蓄える」、
まさにこれが蓄音機の原点です。

ロウ管録音中  ラッパに向かって大きな声で吹き込みます
ロウ管録音中  
ラッパに向かって
大きな声で吹き込みます

エジソン・スタンダード・フォノグラフ(エジソンのロウ管式蓄音機)
エジソン・スタンダード・フォノグラフ
(エジソンのロウ管式蓄音機)



[広告 ] VPS


また、
FC2動画の無料会員のアクセスが
制限されているようなので、
You Tubeにアップした同じ動画を
貼り付けておきます。
経営的に厳しいのかな・・・。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : コンサート
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

FC2で見れました。見る時間も関係するのかなあ。

2分(実質1分ぐらいですが)ってあっという間ですね。それでも当時としては音声がお手軽(?)に残せるとすれば貴重なツールだったのでしょう。構造的にはそれほど複雑ではなさそうですがアイディアとそれを具象化するパワーがすばらしいですね。
いいものを見せて聞かせていただきました。

コメントありがとうございます

JackDさま
エジソンは、発明だけでなく製品化して、売ることにも
たけていたようですね。
操作が単純で、故障が少なく、大人も遊びたくなる、
そんな製品なら大ヒットしますよね。
その上、このスタンダード・フォノグラフは高品質なのに、
値段が安かったそうで、相当企業努力しています。
それまで無かったものを売る時は、買ってくれたお客さんの
宣伝効果が大きいことを、よく理解していたんですね。

ロウ管の録音実験は、この夏一番の〝思い出〟になりました。

コメントありがとうございました。
プロフィール

keiai

Author:keiai
こんにちは!
ゼンマイ式の蓄音機
から、電気蓄音機、
テープレコーダー、
CD、DVDへと進化
していく時代の流れ
の中で、創り手の
情熱があふれる名機
がいくつも生まれ
ました。
そんな逸品で当時の
レコードを再生し、
その時代に想いを
はせてみたいと
思います。
ご一緒に浪漫紀行を
楽しみましょう。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別記事
カウンター
検索フォーム
リンク